FC2ブログ

This Archive : 2009年10月

Kiss

2009.10.18*Sun*
初直高です。

とうとう、ようやく、念願の、直高です!!。

タイトルは「Kiss」。
でも寸止め(笑)。
ちゃんとしてるのよりも、直前直後の方が好き。
なんか相手の事を思ってる感がするんですよね。
ちゅーしてる最中は、自分の欲求を貪る方が先走ってる気がしてつまんない。
…いえ、単なる私の好みってヤツです。

よろしければ、↓Read More からご覧ください。

"神紋"揃いました

2009.10.14*Wed*
『赤の神紋』全14巻&番外編2冊、とうとう買い揃えてしまいました。

…と言っても、すいません。
半分は中古買いです。

いえ、実は買う気はなかったというか、
もうミラージュだけでお腹いっぱい状態だったので、
これ以上はどうしよう…と、さんざん迷ってたんです。

迷ってたんですが、この間の連休にB●●K OFF(伏字になってない)にて、
5~9巻と、なぜか半端な状態で売ってたんですよ。
なんかそれ見た瞬間、「買え!」と訴えられてる気がしてねぇ…。
気がつけば、レジにてお買い上げ。
更に1巻&11巻を別店舗にてGETし、残りはAmaz●n(だから伏字の意味が…)にてお取り寄せ。
それが、本日届きました。

ぶっちゃけ、内容知らないんですよねぇ。
舞台モノというのは知ってますけど、誰がどうでどうなるとか、まったくの無知。
ハマるのか、放棄試合となるのか、自分でも分かりません。
でも、ま。
なんとかなるかなぁ~とか、結構気楽でいます。

…って、気楽にミラと再会して、ドツボ状態に陥った人間の言う台詞じゃないな。

でも、買ったはいいけど、いつ読むんでしょ。
今、ミラージュの読み返しと、某カンフーアクション物と、
漫画だと、某巫覡と、BLだか少女マンガだか分からないのと、
すでに4本読み散らしてるんですよねぇ…。
どうも悪い癖で、「これ以上は読むのが辛い」とか、「この先が読めない」とか、
そういうのにぶち当たると、ついつい他作に手が出てしまう。
えー、32巻「…黙示録Ⅲ」の途中で、ストップかかっちゃってます。
この先の高耶さんを思うと、ページが捲れないんですよぉ~。

あぁ、だからといって、
この状態で神紋読み始めたら、なんかヤバい気がしてるんですよねぇ。

更に、これは小説・コミックに限らずなんですが、
「買って満足」という、まさに最悪の癖も持ってまして。
これで台所用品がどれだけ増えたか…。
食べ物とかも、カゴに入れてる時は食べるのが楽しみでしょうがないのに、
いざ帰って、冷蔵庫等にしまっちゃうと、すぐに忘れる。
そして、気がつくと賞味期限間近になってる。
ま、小説に関してはこういう心配はないですけどね。

とりあえず、
いつになるやら、読み終わりましたら、
こちらに感想なり書かさせていただきます。

プリンパニック・餃子パニック

2009.10.12*Mon*
TS3M007701.jpg
連休最終日。
池袋ナンジャタウンへ行ってきました。
…と言っても、私の場合アトラクションはやりません。
あそこのは、園内あちこち歩き回らなきゃいけないから、めんどいんだもん。
お目当ては、
秋のプリン博覧会「プリンパニック」です。

本当に、どう見ても、プリンに見えませんね、これは。

右上の赤い器は、「うな丼」。
ご飯の部分が滑らかなので、とろろがかかっているようにも見えますが、
普通に牛乳プリンです。
メインのうなぎは、しっとりクッキー。
写真だとどうかな…、現物見てもあんまりあわてなかったです。

その隣の白いのは、「プー麺」。
氷水の中に、素麺よろしくなプリンが浮かび、
添えてある黒カラメルでいただきます。
味は悪くないんだけど、氷水でちょっと薄くなっちゃって、う~ん残念。

そして、その下。
まるでおままごとに使えそうなラーメンです。
でも、プリンです。
その名も「プリン・あっ・ラーメン」…一体誰が考えるんだろ。
ちょっと苦めのカラメルソースなスープに、
これまた苦味のあるプリンな麺。
トッピングには、生クリームでできたゆで卵に、チョコムースの焼豚。
コーヒー系が苦手な私は…でしたが、
一緒に行った友人は、これが一番美味しいと高評価。

んで、その友人最大のお目当てが、
「はちのこプリン」。
…えー、本当に見た目からしてエグいです。
食感も、本物もこうなんじゃないかってな感じのグニグニ感。
お味はノーマルなんですけどねぇ。

一応、女子ですので甘いものは好きです。
好きですが、さすがに同じような味ばかりでは飽きてしまいます。
ということで、今度は餃子スタジアムへ。
二手に分かれて、適当に買ってきてみます。
…適当すぎて、お店の名前も覚えないしぃ。

海老が丸々入った揚げ餃子。
ノーマルな浜松餃子。
牛・豚・鶏3種類のひき肉が入ったのに、
マヨネーズとブラックペッパーのかかったヤツ。

そして、今日私たちを最大のパニックに陥らせたのが、
ハバネロ餃子!!。
えー、まさか餃子でネタ書くとは思ってなかったので、
写真も撮ってません。

一口食べた瞬間、ビーーーーッと耳が痛くなりましたよ。
その後は、口の中も唇も、ピリピリヒリヒリ。
涙は出てくるわ、鼻は緩んでくるわ。
あ~、びっくりした。
それでも、残すのは私たちのポリシーに反しますので、
なんとかハバネロソースをお箸で擦り落としていただきましたけど、
数時間経つ今ですら、なんか耳が変な感じがしてます。

ワサビやカラシのように鼻に抜ける辛さというのは、
元々苦手なんですが、
唐辛子系の喉にくる辛さには、結構自信あったんだけどなぁ…。
あぁ、侮りがたしハバネロ。

2009.10.04-06.越後・会津・米沢 Part2

2009.10.11*Sun*
「天地人」巡りの旅、2日目&3日目をお送りします。
2日目以降、一気に写真の量も勢いも落ちてきます(笑)。

何せ、私としては「初日が命」的なところがありましたので、
2日目以降はやや消化試合的感覚が襲ってきております。

それでも、時折ツボというか萌えな場所もあったりと、
なかなかに油断のならない旅となっております。


それでは、以下にて2日目出発いたします。



2009.10.04-06.越後・会津・米沢 Part1

2009.10.11*Sun*
今年になって、ミラージュを読み返し、
いつかは行きたい、と思っていた越後。

それが、こう早い時期に実現したのは、ひとえに大河のお陰というか、
ミラ熱復活の原因も、大河と言えるんですけどね。
ただ大河見始めたキッカケも、ミラを昔読んでたから…と、
なんだか「卵が先か、鶏が先か」な状態(苦笑)。

まぁ、そんなことはさておき。

行ってきました!上杉旅。
今回は、某ツーリズム様企画の団体ツアーに参加です。
日光や箱根のように行ったことがある場所ならば、
自分で計画立てて、地図見てルート設定して、ホテル取って…とかするんですが、
何せ今回は、まったくのビギナーという事で、
誰かに連れてってもらう的なツアーを選択しました。

ちなみに、ツアー名は、
『~越後・会津・米沢…「愛」と「義」の精神を学ぶ旅~
 「天地人」の舞台を専門ガイドが解説 知将「直江兼続」の足跡探訪』 …長っ。
しかも、タイトルは長いのに、
3日間で全部廻ろうというのですから、どこも滞在時間は短いんだなぁ。
次から次へと動いたものだから、余韻というか記憶に留める時間がない。
何と言うか、TVとかで名シーンのダイジェストを見てるような感じ。
やっぱりこれは、
見たい(行きたい)シーンをチョイスして、次は自力でどうにかしろ、という事でしょうか。
まぁ、同行した母に「一人で日光行ったんだから、ここも楽勝でしょ。」と、
あっさりと言われましたけどね。

…と、そんな前置きというか無駄話は置いといて、
以下、時系列にてレポというかご報告というか…でございます。



10
1
2
4
5
8
9
10
13
15
16
17
19
20
21
23
24
28
29
31

◇366日の花個紋

◇カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )