FC2ブログ

This Archive : 2009年11月

仙台旅、決定!!

2009.11.07*Sat*
来月12/4、5の1泊にて、仙台&松島へ行ってきます!!。
きゃっほ~♪(かなり浮かれてる。)

ミラージュ抜きにしても、3年越しの計画実現なんです。
一緒に行こう言ってた友人KYと、毎年どうしても都合がつかず…。
言いだしっぺの年は、その年末に私が仕事辞めるのが決まっててのゴタゴタ。
翌年は、私が仕事決まってバタバタ。
んで、更にその翌年はKYの仕事の都合にてNG。
ようやく…よーやく実現決行でございます。

最初は、単純に牡蠣と牛タンがお目当てだったんですが、
今年になって、多岐的にオプションがつきましたからね~。
っていうか、どっちがメインなんだか…ってな状態です。

でも、今って瑞巌寺の修繕中で、本堂の拝観ができないんですよね。
それがちょっと残念。
…いや、また次に行く励みになるかな。

ということで、本日小田原駅の"びゅう"にて手続き済ませてきました。
あと1ヶ月弱。
ううっ…楽しみだー!!。

そして、せっかく小田原に行ったので、兄様達にご挨拶に寄ってきました。
200911071147.jpg
お花がいっぱい。
ない時は、本当に何もないですので、今日はちょっとびっくり。
一応、ないと寂しいなぁと思い、多岐も持っていったんですけど、
そんな心配いらなかったかな。

多岐がお花生けたり、お線香上げたりしてたら、
階段下にて、「ここだ。」という声が。
どうやら、他にも兄様達に会いに来られた方のようです。
んが、多岐がのたのたしてたらどこかへ行かれてしまいました。
折角来られたのに、申し訳ございません。
あの後、無事にお参りできましたでしょうか。

他の所用を済ませて、帰りしなにもう一度近くに行きましたら、
今度は男性4人が「おー、あった」的な感じでいらっしゃいました。
男性というのは、初めての光景でしたので、
新鮮というか、めっちゃ嬉しかったです。
…あぁ、この勢いで本当に大河実現しないかな(まだドリームってます)。

『破妖の剣―鬱金の暁闇5』

2009.11.04*Wed*
あ゛あ゛ぁ…すっすいません。

まだ、ミラ再読も終わっておらず、
神紋に至っては、買ったまま放置状態だというのに、
何読んでるんだ!?ってな感じです。

でっでも、1冊だけだから。
これ読み終わったら、恐らく当分またお預け状態になるだろうし。
何せ、ついこの間までン年放置喰らってたんだし。
…とか何とか言い訳してみる。

でも、「破妖」は1冊1冊の間が開いても大丈夫なんです。
全然余裕で待てるんです。
でも、「ミラージュ」の場合は、そうはいかないんです。
1冊読んだら、どうしても続きが欲しくなるんです。

同じ「読む」という行為なんだけれど、
感情移入というか、スタンスが違うせいだと思うんですけどね。
「破妖」はあくまでも異世界・ファンタジー・フィクションだと割り切れる。
でも、「ミラージュ」は、フィクションだと、現実ではありえないと
頭で分かっていながらも、感情が引きずられる。

「破妖」が"キャラクター"を表現してるとするならば、
「ミラージュ」は"人"が書かれているせいかも知れない。
絵空事ばかりでなく、人間のずるさ、皮肉さ、浅ましさ、
そういったものもつきつけてくるから。
自分の中の何かに、それが突き刺さるから。
眼を背けたいけれど、逸らすことができない。
"キャラクター"という、向こう側の世界ならば、
「あぁ、そういう事もあるよね」程度で済まされることが、
"人"というより自分に近い存在に対しては、客観的でいられない。
人が人と触れ合わずにいられないように…。

…って、また自分で書いてて、頭ぐるぐるになってきました。

とりあえず、「破妖」の感想もどきを置いておきます。
かなり薄っぺらな内容になってます。
よろしければ、↓Read More からご覧ください。




アジト前にて

2009.11.03*Tue*
今回は、高耶さんお一人での登場となります。
全身描くのは、初めてです。
ん~、思ってたよりも華奢になってしまった…orz。

よろしければ、↓Read More からご覧ください。


「拍手くださる貴方へ」
心より御礼申し上げます。
このブログの何か一つでも、
ここに来られた皆様のお心のどこかに触れられたら、幸いです。



家族モノ?

2009.11.01*Sun*
今日の放映を終えて、いよいよ「天地人」残すは3回となりました。

この間から、ちょっと思ってたんですが、
"関が原"終わって、米沢へ移封されてから、
何となくストーリーが消化試合じみてきたような…。

まず惣衛門パパが亡くなって、
次が(主君のだけど)嫁で、
先週が弟で、今週は娘との離別(死別)。
…えっと、これって家族モノのドラマでしたっけ?。

でも、不勉強な私は、米沢以降の上杉の状況って、「?」なんですよね。
"大阪の陣"に参戦したのかすら知らない。
なので、来週の展開は、ちょっと楽しみ。
んでもって、来週とうとう景勝ママ(仙桃院様)、カミングアウトですか?。
今更「遺言は嘘でした」って言われても…ねぇ。
秘密は墓場まで持っていっていただきたいな…と。

ところで、
今日箱根に行って、大河観て…で、ふと思ったんですが。
大河で北条氏取り扱ってくれないかなぁ…。

下克上の代名詞・早雲公とか、河越決戦で氏康パパとか。
んで、後半は小田原攻めメインで、対豊臣に燃える氏政&氏照。
誰か一人を主役にしちゃうと、恐らく1年保てないと思うので、
5月のお祭りのように「北条五代記」とか何とか。

そんでもって、
多岐の主観というか、丸っきりの趣味での演者さんなんですが、
早雲公=菅原文太さんと、氏照兄=竹之内豊さんでお願いします。
貫禄とふてぶてしさ、落ち着きの中の凄みという感じで、文太さん。
そして、猛将という感じではないんですが、
クールな熱血漢というイメージが、竹之内さんに持っちゃってるですよね。
ぶっちゃけ、もしミラージュを実写化するなら、直江を演って欲しいかなぁ…とか、
チラッと思ったこともあります。
(ただ、この場合身長という問題が…ごにょごにょ。)
あぁっ…全くの私の勝手なイメージです。すいませんっ!!。

ただ、もし万が一実現した場合、
小田原でのロケというのは、ほとんどできないんだろうなぁ…。
何せ小田原城そのものが、時代設定が違うし。
地形的にはほとんど変わってないであろう海岸線には、
ばっちりバイパスが延々と続いてるし。
それでも、いつかは…と、かすかに期待してみたりする。

2009.11.01.箱根

2009.11.01*Sun*
日曜の朝、ふと思い立ってのドライブに行ってみました。

本日のお目当ては、
秋の箱根=仙石原のススキ、ってな感じ。
そして、できれば今度こそ駒ケ岳頂上へ…!。

って、意気込んで行ったんですけどねぇ…。
どうも私は、駒ケ岳と相性が悪いらしいです。
というか、風魔一族の陰謀か!?
またしても、霊霧たちこめる箱根路となりました。
いや、今日のはまた格別にすごかったです。
風も強かったのと合わさって、
車のフロントガラスに霧が襲ってくる感じがしました。

…ということで、今回も駒ケ岳はNG。
あぁ、いつになったら私は氏照兄が見た風景を望めるんだろうか…。

そんなんなので、
今回はカテ的に「炎の蜃気楼的」と「非日常的」の中間くらいのレベルです。

よろしければ ↓Read More からご覧ください。


11
2
5
6
9
11
13
16
17
18
19
25
28

◇366日の花個紋

◇カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )