FC2ブログ

This Archive : 2009年11月20日

こちらもラストワンです

2009.11.20*Fri*
39巻まで読み終わりました!!。

先週、『耀変黙示録』という多岐的クライマックスを乗り越えて、
その勢いか、はたまたもう大丈夫(何が?)という安心感からか、
続きを一気読み。

とうとう、最終巻を残すのみとなりました。

仕事から帰って、最低限の生活を済ませて、
あとはひたすら読み耽る毎日。
メールも溜まってるし、webも気になるのがあるし…と承知してたんですが、
PCは一度立ち上げちゃうと、アレもコレもになっちゃうのが、
目に見えてたので、今週は完全シャットアウトしておりました。

この勢いのまま、最終巻を読んでしまいたい気もするけれど、
"勢い"では読みたくない…そんな気分ですので、
とりあえず、ちょっと今、息継ぎ的に日記書いてます。

多岐の性癖は、「主人公第一主義」です。
まぁ、例外もありますけどね。
…今回の大河なんて例外中の例外(笑)
もちろんミラージュにおいても、
高耶さんを中心に、高耶さんの心の望むままに、高耶さんが「是」とするものを肯定する。
…というのが、多岐の読み方だったりします。

そんな読み方をしてしまう副作用というか、弊害というか。
直江への対し方が、「高耶さんがいてこその直江」になってしまうんです。
高耶さんが想う直江、高耶さんを想う直江。
高耶さんを傷つける直江、高耶さんに傷つけられる直江。
直江の行動・思考の前提に必ず高耶さんがいる。
それが、多岐の直江に対する印象であり、あってほしい姿だったりしました。

でも、内宮で信長と真正面から対峙して以降の直江は、
ようやく本当に独り立ちしたという印象を、受けました。
勿論、高耶さんを想い、必要とし、片翼となり、絶対のモノではあるんだけれど、
レベルが一段階上がったというか、もっと直江が強く大きな存在になった。
不遜な言い方ですが、
今の直江になら、高耶さんを委ねられる…。
そう思えるんです。

最終巻に待っている事を思うと、怖いし、辛いし、きっと涙する。
でも、それでも、最後まで直江が高耶さんといてくれる、
それは絶対的な救いであり喜びになると思っています。

言葉足らずで、頭の中の思いがまとまらないのがもどかしい…。

11
2
5
6
9
11
13
16
17
18
19
25
28

◇366日の花個紋

◇カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )