FC2ブログ

This Archive : 2009年11月29日

「永久」の中の二人へ

2009.11.29*Sun*
つい先ほど、「千億の夜をこえて」を読み終えました。
自分自身のことで泣くような事が、この歳になるとほとんどないというのに、
第八章の最後の文字を眼でたどった途端、
声を上げて泣いていました。

逝ってしまった事への哀しみ。
笑顔が見られた事への安堵、喜び。
残された思い。

前回、この最終巻を初めて読んだ時には、
高耶さんの死にばかり囚われての涙でした。

でも、今改めて読み終えた時、
なぜか多岐の口からこぼれたのは、「ありがとう」でした。

先日39巻読後にも書かさせて頂きましたが、
「高耶さんに寄り添う者」ではなく、
「高耶さんと共に歩く者」に、多岐の中での直江に対する意識が変わったんです。
直江がいる限り、「永久」に高耶さんもいる。
信長をも解放した高耶さんの思いを、更に包み込む存在がいてくれる。
直江の今までの思い出の中に高耶さんが生きているのではなく、
これからの思いの中にも生き続ける。

直江の思い、姿があったからこそ、
高耶さんの最後の笑顔も見られたのだと思うと、
それだけで、此方も心安らかになれた。

この先の「永久」が、より幸福であることを願います。

極上

2009.11.29*Sun*
昨日(日付変わってるから、もう"一昨日"ですね)の、
やらかしてしまった「嬉しいんだけど、どうしよう、おろおろおろ」な事。

実は、またしてもミラサイト様にて、キリ番を踏んでしまいました!!。

しかも、今回は、なんと汐見香様の「ヴァルハラ」なんです!。
嬉しすぎるし。
幸せすぎるし。
贅沢すぎるし。

前回(「ただ、やさしき抱擁を」様)で、
既に今年の運は使い果たしたと思っていたのですが、
まさかまさかの、今回の仕儀。
ビギナーズ・ラックではないですが、
今年ミラ熱発症した多岐へのご褒美(日本語へん)なのでしょうか。

こういう個人ブログのような場で、およそのサイト様の話をさせていただくのは、
何だか反則技のような気もするんですが、
汐見様と青海様のお二人のサイトは、多岐にとって、別格のような存在なんですね。
決して自分と比べようなんて思わない、思えない。
そんな大それたことなんてできっこない、
憧れと尊敬の存在。
そんなお二人のサイトで、まさか自分がキリ番踏むなんて、本当に想定外で、
その他のお二人のファンの方には、申し訳なくって。
本当に、すいません、すいませんっ!。

更に今回も、リクエストなんぞさせて頂きまして。
「真っ白なシーツに横たわる高耶さんに極上のワインを降り注ぐ直江」
もっと洒落た素敵なシチュエーションが思い浮かべばいいんですけど、
多岐の脳みそじゃ、これが限界なんです。
でも、そんなベタな設定を、とんでもなく極上のお話にしていただきました。

もし、まだ読まれてない方がいらっしゃいましたら、
是非是非読んでください!!。
っていうか、読まなきゃダメでしょ。

素敵なお話にうっとり酔いしれて夢心地…どころか、
すっかり眼が覚めてしまい、こんな時間。

11
2
5
6
9
11
13
16
17
18
19
25
28

◇366日の花個紋

◇カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )