FC2ブログ

This Archive : 2010年01月23日

地元の御大師様

2010.01.23*Sat*
TS3M011701.jpg
毎週土曜日、朝のお散歩コース。
今朝はいつもとはちょっと違う道を通ってみます。

「弘法の清水」。

多岐の地元は、日本名水百選に選ばれた湧水群があって、
その中の代表的なものが、此処です。

全国に数多くある弘法大師伝説の一つ。
昔から当たり前にそこにありすぎて、別段気にしてなかったけれど、
ミラージュを読んで、弘法大師の偉大さを改めて知り、
その伝説が自分の身近にあることが、なんだか不思議。

もう一つ。
近くには、弘法山というのがあります。
多岐の幼稚園の園歌にも♪~こうぼうやーまもみえてます と歌われてます。
小学校1年の秋の遠足コースでもあります。
うわ~い、リアルに身近すぎでしょ。
此処は桜の名所にもなっているので、
またその頃になりましたら、写真撮りに行ってこようと思います。



さてさて、「神紋」読書進行状況です。

現在、4巻途中まで進んでおります。
これから連城が奈良へ行こう(逃げるの?)としてます。

ページは順調に進んでるんですが、
まだ多岐の中のエンジンがかかりきってないような状態です。
何だか、思ってた以上に自分でハードル上げてたのかも知れません。
ミラージュで感じた、読んでる此方をも飲み込む何かを、
まだ「神紋」から感じられないんです。

高耶さんや直江に対して抱いたのは、
読んでいるだけしかできない自分への苛立たしさ、もどかしさ。
高耶さんの吐く息すらも、すぐ近くから感じられる生々しさ。
そして、
自分の中にある空白に何かを突っ込まれるような衝撃。
小説という架空の世界だと承知していながらも、
それをリアルに感じてしまう、存在感。

まだ、「神紋」は、多岐の中では紙の向こうに書かれた文字世界のまま。
連城に対しても、ケイに対しても、
TVや映画の向こうの存在と同じにしか感じられない。
NYでケイは、"観客と役者が一つになって作る舞台"を体感したけれど、
まだそのグルーヴ感が沸いてこない、そんな感じ。
決してつまらないわけじゃない。
この先何が起きるのか、気になるし、惹かれる。
でも、感情までは引き摺られない。
観客席の一番後ろ、ステージが見渡せる位置から、
その舞台の顛末を見届けたい、今はそんな気分。

01
7
15
18
21
29

◇366日の花個紋

◇カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )