FC2ブログ

This Archive : 2010年12月

御和算で願いましては

2010.12.18*Sat*
…という言葉は一回も出てきませんでしたが、
『武士の家計簿』観てきました。

ハラハラドキドキ波乱万丈もないですし、
抱腹絶倒も、お涙頂戴もない。
それでも、時折客席のそこかしこで沸き起こるくすくす笑い。

なんたって、
「我が家の魂は刀ではござらん」とか言っちゃうお侍さんが主人公。

本日公開のあちらの時代劇とは、きっとたぶん正反対。
久しぶりに、のんびり寛いで観られる映画でした。

5000Hits御礼SS

2010.12.17*Fri*
先日のカウンタ5,000オーバーがあまりにも嬉しくて、
御訪来くださった皆様へ、何か御礼をしたいっ!。
…と思っていたところ、丁度TVでこのイベントの事を知りました。

webでイベント関係の情報チェックして、
こんな感じかなぁ…と多岐の限度ありまくりの貧相な想像力を駆使して、
いきおいのまま書いてしまいました。

本当は数日前に書き終えたんですが、
やっぱり、どーしても本物をこの目で見たくなって。
よーやく今日、行ってまいりました。

想像してたのよりは、寂しい…というか、
表参道や丸の内界隈のと比べたら可哀そうだろ、という感じですけど、
今年が初めてということもあり、逆に手作り感が感じられて、
のんびり楽しめる、そんな光景でした。

相変わらず、
「やまなし、いみなし、おちなし」の正しい"やおい"状態にて、
こんなんで、御礼になるのか甚だ疑問ではございますが、
よろしければ、↓"続きを読む"  からご覧ください。




東京都青少年健全育成条例改正案 可決

2010.12.15*Wed*
…とうとうですか。

青少年に対する悪影響を抑制するとか言いますけれど、
あれは危険、これは体に良くない、こっちは難しい、あっちは汚い…。
子供が何かをする前に、全て大人によって選別がされてしまっている。
でも、その大人たちは、その危険だったり体によくなかったりしたモノを、
自身で見たり聞いたり体験したりして、身につけてきたはず。

自分たちが大変だったから、苦労したから、
今の子供たちには大変な思いをさせたくない、苦労をさせたくない。
そうして、今の世の中は便利というなの人間がモノに使われるような状況に陥っていたり、
不便な中での思いつき、想像力を削る羽目になってしまった。

今回の条例にしても、
じゃあ、漫画やアニメを子供たちから取り上げて、
その代わりに、家庭や学校で正しい性教育をしてくれるのか、という事で。

多岐は、学校や家でそんなもん教わりませんでした。
男と女の躰の違い、セックスの仕方、避妊しそこなったらどうなるか、
全部漫画から知識を得た。
その中には、レイプや近親相姦という話もあった。
でも、それが現実において公明正大に認められるものなのか否か、
それだって、漫画を読んで判断することを学んだ。

「"いい"か"悪い"か、それくらい分からないの!?」と、
よく子供を叱る親や、犯罪に対するTVコメンテータが口にするけれど、
判断すべき"悪い"側の基準を取り上げてしまった状態で、
どう判断しろというのか。

「読んじゃダメ」「見ちゃダメ」というのではなく、
それを敢えて読んだり、見たりさせて、
どう思ったかを考えさせる。
そして、何故それを大人が「ダメ」というのか、
その理由を教える事が、教育であり指導だと思う。

そして、今回の規制の対象が、何故漫画とアニメに限定なのか。
勿論、小説・映像(実写)をも含めてしまったら、
都知事自身の著書や映画なんか、のきなみ規制対象になりますので、
あえて、限定したのだとも思いますけれど、思いますけれどっ!。

TVやマスメディアでのこの問題の扱いも、
下手に取り上げて、自分たちにお鉢が廻ってきたらたまったもんじゃない的に、
どこか他人事のような扱い方。
下手すりゃTVドラマなんて、よっぽどポルノだったりしますし…ね。

見切り発車というよりも、
耳栓して目を瞑って鼻つまんで、外部からの情報を一切シャットアウトした状態で、
可決された本条例案。
とりあえず、来年4月の都知事の任期満了までが正念場でしょうか。

裏箱根

2010.12.14*Tue*
一昨日の兄結婚式ホテル、
高台にあって(箱根で高台というのも変な感じですが)、
富士山がくっきりはっきりな眺望。

…ということで、
御友人や、お嫁ちゃん親族(北海道とのこと)が、
感嘆の声をあげながら、冠雪富士を撮ってられたんですが、
そっか。
生富士山というのは、普通の人にとっては珍しいものなんだよね。
とか思いながら、その隣で枯れ木な山を撮っている女、約1名。

だって、
駒ケ岳や神山の背中?をまじまじと見るって、
なかなかない機会だと思うんですよ。
道なりだと、どうしても山が近くになってしまいますし…。

まだまだ箱根はいろんな角度から見られるんだなと、
改めて感じましたです。

DSCF076501.jpg

2010.12.12.T&N Wedding

2010.12.13*Mon*
兄夫婦のイニシャルをそろえるとT&Nだったのに気づき、
会場入り口で密かにほくそ笑んでた多岐でございます。

前述しておりました通り、
昨日、多岐兄夫婦の結婚式がございました。

まぁ、身内話になりますので詳しい話は述べませんが、
とりあえず、よーやく終わったかな、と。

チャペル正面のガラスにカメムシがいて、
式の間ずーっときになってたとか。

式後半で、多岐のデジカメの電池が切れたとか。
(ホテルで新しいの交換してくれました。ホッ)

新郎紹介で初耳エピソードてんこ盛りで、
新郎親族(つまり多岐親子)が小声でツッコミ入れまくってたとか。

友人スピーチのどれもが、
「こんなお嫁ちゃんをもらって、新郎は幸せ者だと思います」で、
逆パターンが一個もなかったとか。

泣かないと言いきってた両親が、
やっぱり案の定花束贈呈でボロ泣きしてたとか。

式数日前にこれじゃヤバいだろと、わたわたしたのは多岐ですが、
結構な確率でNG服な列席の方々がいて、呆気にとられたとか。

そーんな事は些細な事でして。

今回のお式(というか披露宴)。
メインは、お料理でございます。
なんでもこちらのホテルの料理長ってば、
あの「料理の鉄人」で○井シェフに勝利した経歴をお持ちでして。
それだけでも、充分楽しみなんですが、
さらに!なんと、多岐実家で両親がせっせと畑仕事して拵えたお野菜を、
そのメニューに取り込んでくださったんです。
兄ちゃん、GJ!!

…ということで、
以下にお料理の写真を載せてみます。
多岐両親が、自分たちで食べる分だけ作ったはずのお野菜。
一世一代の晴れ舞台でございます。


12
2
5
6
7
8
10
12
16
19
20
21
22
24
27
28
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )