FC2ブログ

This Archive : 2011年04月

家族会議

2011.04.30*Sat*
…というほど大袈裟なものではないですが、
今日の実家からの呼び出し。
多岐だけじゃなく、兄夫婦も姉家族も勢揃い。

やぁ、本当に「呼び出し」だったんだぁ。

でも、
これで多岐家の今後が決まってきました。
たぶん、きっと、
今まで口には出さないでいたけれど、
各々皆が「そうなるだろう」「そうしてほしい」と思っていた方向。
この結論に対して、
まだ健勝な(っていうか口煩い)親戚の反応は分かりません。
もしかしたら、もっと本当の"ベスト"があるのかも知れませんが、
今の多岐家族内での"よりベター"ではあると思っています。

とりあえず、
あの家が多岐にとって、「家」であることには変わりなく。
ただ寝床はなくなるんだなぁ…。
まぁ、しょうがないんですけどね。

明日のサイン会

2011.04.29*Fri*
なんてこったい…orz。

どうにも池袋まで整理券貰いにいけないので、
今回は(も、だけど)断念したんですけど。
こんな事なら、無理くり仕事早退してでも予約に行っておくんだった。

浜田先生の描き下ろしポストカードぉぉぉぉっっ…!!!

なんで今!?なんで今回!?
や、東日本震災チャリティの企画というのは承知しておりますが、
昨年の20周年総集編ですら、既発作品のみで、
もう浜田新作は絶対に出ないのかなぁ…と思ってたんですもの。
それが、今回は…ってな事になったら、驚かずにはいられないでしょう!!。

え~ん、見たいよぉ。欲しいよぉ。

…って思ってたら、
浜田センセがTwitterでちょっとだけお写真をアップしてくださってました。
更に、後日水菜センセHPでもお披露目してくださるとの事。

うっ…嬉しいよぉ。


それにしても、
そんだけ、うだうだ言ってるなら、明日直接行っちゃえばいいんですけど、
こういう時に限って、実家から呼び出しを喰らってしまいました。
まぁ、明日でいいよと言ったのは多岐自身だったんですけど、
まさかこのような事態が起こりうるとはホンの5日前には分からなかったわけでして。

…うん、今度から行けても行かなくても、
当日の予定はちゃんと空けておこう。
ってか、次回は行こうよ。

でもでも。
今なお、水菜センセと浜田センセのご交流がある事がわかって、
それだけでも、嬉しかったです。

明日、行かれる皆様。
楽しんで来て下さいませ。

メタボな殿

2011.04.28*Thu*
110428_2005~01
駅前の某チキン屋さんの前にいらっしゃいました。

…たしか、今朝までは普通に白いお召し物だったはず。

なんかもうすっごく手作り感いっぱいで、
カーネルおじさんの穏やかな笑顔と相まって、
連休前の残業ぐったり気分を癒していただきました。

そういえば、
このカーネルおじさんの雰囲気ってば、
多岐のもってる色部さんイメージに被るかも。
っていうか、色部さんの場合、ただ穏やかなだけじゃなく、
主人である景虎様に諫言できるだけの強さも持ってますけど。


さてさて。
『仕返換生』買ってまいりました。

ようやく読めます(笑)。
や、多岐がコバルト本誌買ったのって、
この『仕返換生』掲載号からなんですよね。
えー、ドラマCD欲しさだったんですけど、
いざ読もうと思ったら、なんか続きもの…?
前回のお話読んでないし、どうもこの続きもあるっぽい。
「前後が分からないで読む」というのが、落ち着かなくって、
いずれ文庫に纏まるまで待とう!…という事で、今日に至ったりしております。

ちゃんと読めるのは、日曜日かな。

とりあえず、「買って満足」という、
多岐の悪癖がでてるけど、まいっか。

小田原北條ウィーク

2011.04.27*Wed*
米沢の上杉まつりが、秋に延期になって、
さてこちらはどうするんだろう…と思っておりましたが、
例年と少し違った形でやることになったそうです。

小田原北條ウィーク

「まつり」という言葉を控えるかわりに、
いつもなら5月3日の一日だけパーっと!というのではなく、
1週間、東北物産展などが開催されます。

うん、小田原も頑張ってるよね。


でも、改めて思ったけど、
敗残の将なのに、歴史の負け組なのに、
こうして今なお「まつり」や城の形、
そして、誰に憚ることなく小田原の礎として敬われる。
北條氏って、本当に小田原市民に愛されてるんだなぁ…。

花はないけど、別モノ愛でてきました。

2011.04.23*Sat*
先週のたまっていた通り、箱根行ってきました。
このどしゃ降り横っ風の中です。
えー、自称「晴れ女」な多岐ですけど、
たまにはこんな日もあるさ、という事で。


それにしても、
こんな天気の時にほっつき歩いてる(っていうか、車ですけど)のなんて、
多岐みたいな物好きor無茶しいくらいだと思ったんですけど、
結構普通にオフシーズン程度に箱根山中、車走ってました。

残念ながら、
強羅公園も、蓬莱園も桜はほとんど終わってしまってました。
どうやら昨日今日の雨で、散るというより落ちてしまったみたいです。
これからGW以降になれば、
つつじにバラ、紫陽花と、色とりどりの花が咲くんでしょうけど、
ちょうど今の時期は、それまでの小休止みたいで、
強羅公園内も、そこはかとなく寂しいです。
…何年振りかで、園内入ったんだけどなぁ…。

でも、折角来たんだし…という事で、箱根神社にも行ってみる。

…って、や、もう行って大正解。

今まで、TV観たり音楽聴いたりで、直高変換妄想してきましたけど、
リアルで直高変換したの、きっと初めてです!。


DSCF109001.jpg
…さすがに、これ以上近撮はできなかったorz。

とにかく、手前の男の子が、久々の眼福レベル。
発展途上中のワイルドセクシーちょっぴり甘め(どんなんや)で、
これでもうちょっとキツさと強さをプラスして、
且つ、内面からの輝きがあれば(これが一番難しいけど)、
多岐的には、充分高耶さんしていただいてオッケーカモン!ってな感じでございました。

後ろの方は、まぁ…。
"男の子"っていう若さじゃなさそうだし、
かといって多岐の歳からいったら、"男性"というには若いような…。
背も手前のコとほとんど変わらないし。

ただ、その行為がぁぁぁ…っ!。

氏康パパのいる手水場で。
ごくごく当たり前のように、ビニル傘を後ろの方が預かり、
発展途上(仮)クンが手水を取って。
「つめてー」とか言ってるところに、すかさず差し出されたハンカチ。

や、もうこのワンシーンだけで、
多岐の心中、狂喜乱舞で小躍りしまくり(笑)。
あんまりガン見しすぎて、不審がられても…と思ったので、
なるべく視線をそっちに向けないようにしてたんですけど、
改めて考え直せば、折角の萌えチャンスだったんだから、
もっとがっつりたっぷり目の保養しておけばよかったなぁ…。

…チッ、惜しい事した。

あと、多岐が彼らに好印象を受けたのが、
この写真は、出てきてのトコなんですけど、
神門に入る時、二人ともちゃんと傘を閉じてくれたんです。
神社仏閣に親しむ機会の多いミラファンには当然の行動だとは思うんですが、
意外と、こういう部分に気づかない方っていらっしゃるもので、
この時も、他に数組の参拝客がいらっしゃいましたが、
中には肩で傘をはさみながらの格好でお参りされてる方もいたり。
当たり前の事が当たり前にできる彼らのポイントも高くなるってもんです。

また、いつかどこかで会えるといいなぁ…。

04
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
17
18
19
20
22
24
25
26

◇366日の花個紋

◇カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )