FC2ブログ

This Archive : 2012年07月

電子化~。(実行編)

2012.07.27*Fri*
ミラ電子書籍化のお話を聞いて、楽しみにしていたら、
なんとスマホは後回し…と、なんとも肩透かしを喰らっておりましたが、
ようやく本日、Li○mo Storeでも配信が始まりました~。

わーいわーい、どんどんぱふぱふ~。

やっと、多岐の本棚にも初めの1冊が並べられました。
スマホにして電子書籍かぁ…何か読みたいなぁ…とか考えて数ヶ月。
ミラがなる!と聞いたからには、
多岐の電子書籍デビューを飾って頂こうとお待ちしておりました。
これから、毎月増えていくのかぁ…。
ううっ、楽しみでございます。

それにしても、
電子化で何が嬉しい、っていえば。
ミラツアに原作本を持って歩かなくてよい事でしょうか。
まぁ1冊くらいなら全然問題ないですが、
前後編とか、
こっちの巻とあっちの巻、あーっあっちでも行ったぁ!とかになると、
それだけで結構な重さになりますし。
持って行けば行ったで、
地べたに落としてしまったり、カバンの中で表紙が折れちゃったり。
雨なんて降った日には、ふやけちゃうじゃないですか。

…ってな心配がなくなるって事ですね。

無茶で無謀な野望としては、
配信のタイミングに合わせて、それぞれの地へ訪れる事ですが。

ま、夢だけはでっかく、希望は楽観的に。
…という事で。

高誕ケーキ

2012.07.23*Mon*
DSC_004701.jpg

いくらなんでも何にもないのは寂しいので、
ちょっと遠回りして、ケーキ買ってまいりました。

あの箱根山のホテルのカフェ「ロサージュ」の姉妹店のです。

赤いのが、
バニラキャラメルとカシスムース。
白いお山なのが、クリームチーズタルト。

高耶さんといえば、やっぱりこの2色かな、と。
ジーンズの「青」もお似合いですが、
絶対に「赤」は外せませんし、
何にも染められない「白」の気高さも捨てがたい…。

逆に、直江の時はついチョコケーキを選んでしまいます。


と、いうことで、
約丸二日ぶりの固形食です。
明日の多岐のお腹はどーなってるでしょうか!?

…でも、高耶さん祝ってなら本望かも(をいっ!!)

Happy Birthday Dear…

2012.07.23*Mon*
高耶さん、お誕生日おめでとうございます!!

形としてのお祝いは何にもできてないけど、
せめてこの気持ちだけでもお伝えしたいです。

あなたが見せてくれた世界を知る事が出来た事。
それは絶対に今の自分の大切な要素になっています。

あなたに出会えた事に、
また今日この日、改めて感謝したいと思います。

高誕イブなのに…

2012.07.22*Sun*
もーしわけございませんっっっ!!
今年は、何もご用意ができませんでした。

まず、高誕前日な今日に試験があった事。
読解問題の対策ばかりに気を取られすぎて、
まさかあんなに時事問題がどっさりだとは思いませんでした…。
や、もうちょっと真面目にニュース見たり、
今更ながら新聞とろうかと反省しております。

そして、先日のいわゆる(?)宇和島決戦。
心身ともにあんなに疲れた仕事はなかったです。

更に、高誕当日の明日。
宇和島決戦で一緒に戦った主任や上長も、
先週までにそれぞれ年休されてたので、多岐も取っちゃえ~!
とか思ってたら、主任が出張の為、敢え無く却下され…。
折角だから、
今日の試験後、直行して箱根で1泊~とか目論んでたのにぃ。

そして、極めつけ。
実はここ数日、胃腸炎を患いまして、
昨日まで寝込んでおりました。
今日の試験は無理やり薬で抑えてなんとか凌ぎましたが、
帰宅後、先ほどまでもまた布団に逆戻り。
(それでも、明日は出勤しなきゃならない…)

まぁ、考えようによっては、
高誕ツアー組んでなくってよかったな、と。
そうやって自分慰めなきゃ、やってらんないですよorz。

せめて、
明日の高誕当日は仕事も何も問題なく終わり、
お腹もおとなしくなり、
せめて、ケーキだけでも買ってお祝いしたいと思っております。
お腹次第じゃ、
ケーキも買うだけで終わって食べず仕舞いの可能性もありますが…。
それでも、少しでもお祝いしたいっ。
あ、あとは。
ミラジェンヌ諸姉の皆様のお祝いも拝見させていただこうと思っております。

宇和島決戦、実感

2012.07.09*Mon*
ここ数週間手こずっておりました案件がよーやっと終息を迎えつつあります。
あとは、事後処理というか実際稼働して問題なければいいな、と。

や、でも、ホント、マジで。

こんだけ疲れた案件はございませんでした。

これ以上にややこしいのとか、厳しいのとか、難しいのとか、面倒くさいのとか、
たくさんありましたけどっ。
でも、初歩的というかそもそもの部分でどーなのよ!?的な部分で、、
振り回されたのは初めてでございます。

…っていうか、
新人ひとりに、こんなでっかい案件を任せっぱなしにするなーーーっ!!


「さいごの雪」で、
高耶さんは、新入りさんにもちゃんと仕事を与えて、
実地で鍛えて、一人前に育てようとしてましたけど。
その考えは、とっても素晴らしいと思いますけど。
大前提として、
「もし新入りが失敗をしたとしても、
高耶さんが全面的に責任を負うつもりだし、フォローするつもり」
だったと思うわけですよ。
まさに、高耶さんがいるからこそ、成り立つ作戦だったんだなぁ、と
つくづく実感いたしました。

今回の場合、
高耶さんがいないまま、新人ひとりに前線を任せっぱなしにして、
決行日がいつになるのか、補給体制はどうなっているのか。
各部隊の連携はできているのか、部隊長は誰なのか。
敵方の陣形や配備の偵察は進んでいるのか。
…まったくの情報不足準備不足のまま、時間だけが過ぎていくばかり。

さらに、嶺次郎を始めとした幹部たちは、既に負けた後のことばかり考えてるし。
戦をする前から、負けることを考えてどーするっ!という話ですよ。
まずは、戦をどう進めるのか、どうやって勝つのか。
それを考えましょうよ。
確かにここで負けたら、敵方が攻めてきて、
果てには第六天魔王が登場されて、嶺次郎か誰かが破魂波を受けるかもしれない。
でも、勝てば魔王の出番もなく、伊達勢も味方になって、未来も開けてくる。

ほんの少し、中心から離れたところから見てると、
本当にそう感じたんですよねぇ。

多岐の立ち位置としては、
潮ちゃんか、清正といったところでしょうか。
決して多岐が二人のことが好きだからというわけじゃなくって。
立場的には、赤鯨衆に近いんだけれど、100%そうなわけではなく。
国崩しをもつ大友との繋ぎや、旧敵方だった一条の取り纏めをしなきゃならず、
もっと前線や幹部に対して声を上げたいんだけれど、届かない。

どちらかというと外部(大友)に対して連携を取りたい多岐と、
赤鯨衆の中で独立した動きをとる潮ちゃんな存在の方がいらっしゃいまして。
もう二人で電話越しに、愚痴りまくり(苦笑)。

それでも、決戦間近になって、
ようやく嶺次郎も腹を括ったんだか、目が覚めたのか。
まずは目前の戦いに勝つ!!事に集中してくださいまして。
なんとか無事、この難局を乗り越えることができ、
魔王の種も発動することがございませんでした。

…兵頭とか、左馬之助とか。
各部隊長は瀕死の状態でしたけど。

でも、
高耶さんの意図というのは、確かだというのも感じました。

ホント、最初こそ新人さんてば、
下っ端根性というか、まんま雑兵といった感じで、
上から言われたことしかできなくって、自分で考えて動けなくって。
でも、新人さんが動かなきゃ、作戦は始まらなくって。
途中で先輩やら部隊長が出てきて、それを見て。
だんだんと、自分のやるべきことができるようになって。
勿論、まだまだ未熟というか不足してる部分はあるんだけれど、
それでも、最後には自分に課せられた責務は果たすことができて。

まぁ、お蔭で、こちらはぐったり…なんですけどね。
実際に、自らの後ろに高耶さんがいてくれる、と思えるか否かで、
精神的な安心というのはかなり違うと思われます。

あとは、残党の動向をしばらく様子見て、
問題なければ作戦終了ということになりそうです。
はぁ…やれやれ。

07
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
24
25
26
28
29
30
31

◇366日の花個紋

◇カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )