FC2ブログ

This Archive : 2012年12月

2012年最後の御挨拶

2012.12.31*Mon*
2012年も、残すところあと数時間となりました。

今年1年、拙ブログ「天空の石」にお立ち寄りくださいました全ての皆様に、
心より御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

今年は更に更新回数が減ってしまい、大変申し訳ございませんでした。
今年の創作物は、たった2つ(ちー誕と直誕でした)。
VDも、WDも、Xmasも、ましてや高誕ですら、何もなく…。
ミラへの愛情が冷めたわけではございませんっ。
ただひたすらに多岐の怠惰でございます…orz。

仕事的に、日々残業しなきゃいけないほどじゃないけど、
ビミョーに忙しく、
体力よりも精神的に疲労がたまってしまい、
自分の頭や手で何かを生み出す気力というか根性がございませんでした。

…やっぱり、人間、余裕っていうのが大事だよね。

でも、その代りといってはなんですが、
携帯webじゃ見づらかったり表示しずらかったミラサイト様方が、
スマホにしたお陰で、気軽にいつでもどこでも拝見できるようになって。
今まで以上に、ミラジェンヌ諸姉の作品を拝見させていただいてましたし、
本編だって、電子化してくれて、これまたいつでもどこでも状態ですし。
多岐的には、より充実した1年ではございました。
(終了したのは「デジよみ」だけだったんですね、ホッとしました)


や、でも、とにかく。
何よりも一番だったのが、ミラハロに参加させていただいた事でございます。
まさか自分がイベントデビューする日がくるとは思ってなかったので、
とても貴重な経験をさせていただきましたし、
ミラを好きな方があんだけ沢山いらっしゃるのを実感できて、
こんなに愛されてるミラに出会えた事に、改めて感謝いたしました。
なによりも、とっても楽しかったです~。

また、来年プチが開催されるとの事で、
是非とも参加させていただきたいと思っております。

そして、あと数時間をもって、
多岐の中にある「ミラ」の大きなピースが、欠けようとしています。
やっぱり寂しいです。
でも、多岐が「彼」と再会できたように、
またいつかこのピースが埋められることを信じています。



個人的には、
5年ぶりに某ボーカルの雄姿を眺めることができたのが、
懐かしかったし、嬉しかったし、でもちょっと寂しかったし。
当時と同じだけでの熱情をもつことはできないけれど、
でも、自分の中から「彼」は消えることはないんだと気づきました。

大きくみれば、「現状維持」な1年ではありましたが、
来年はもうちょっとだけ、「前進」できたらいいな、と思っております。
うん、創作物も、もうちょっとだけ頑張ろう。

それでは、末筆となりますが、
改めまして。
今年1年、拙ブログへお越しくださいました全ての皆様に、
心から感謝を述べさせていただきます。
誠にありがとうございました。

皆様にとって、来年が素敵な1年となりますことをお祈りしつつ、
今年最後のご挨拶とさせていただきます。

それでは、皆様よいお年をお迎えください。



PS:今から実家へ帰ります。
今年最後の晩餐は、スッポンの予定。
精力つけて、箱根で年越しです!!。

心からの感謝と御礼を…

2012.12.15*Sat*
既にご存知の方もいらっしゃるかと思います。

今月をもって、敬愛する汐見様のブログ「ヴァルハラ」が閉鎖される事になりました。
(作品サイト様も同様です)。

一昨日、仕事帰りの電車の中。
虫の知らせとでもいうのでしょうか、スマホでブログチェックさせて頂いて、
飛び込んできた「閉鎖」の二文字。
そして、汐見様から閉鎖に至る心境が、お人柄そのままに誠実に綴られておりました。

勿論、当然、吃驚いたしました。

多岐にとって、汐見様(とその作品)の存在というのは、
大好きで、大切で、そして特別で。

3年前。
ミラ全巻読み終わって、自分の中のミラ熱が高まって、
どうにかしたい、何かないか、と探し求めて、
そして、辿り着いたのが、汐見様と青海様お二人の作品達でした。

大好きで、大切で、特別で。

でも、当時の多岐にとってお二人の存在というのは、
それこそ原作と水菜先生と同じような存在で、
ただこちらが一方的に作品を拝見させていただいて、好きでいさせてもらうだけ。
それだけで十分満足できたんです。
それが、望外にも、交流を持たせて頂く事ができて。

「自分のペースで」
この汐見様から頂いた一言が、どれだけ心強く感じたことか。
以前の某ボーカルブログの頃は、
それこそ日常ネタでも何でもいいから、毎日更新しなくちゃ、
ライブに行ったらレポ書かなきゃ、
新譜出たら、レビュー書かなきゃ。
そんな半分強制的に自分を追い込んでしまった事もあり、
この「自分のペースで」という言葉は、まさに目から鱗でしたし、
今でも多岐が一番心に置いている言葉です。

そんな自分の過去を思い出して、
今回、サイト閉鎖されるというご決断に対し、
本当は、すっごく残念だし寂しいし、
それこそ年に数回の更新でもいいから止めないで欲しいとも思います。
でも、それは当事者じゃないからこそ言える事であって。
強制することなんて、絶対にできないし、しちゃいけない事だとも分かってる。

だから、
今、多岐が汐見様にお伝えできるのは、
「これまで、本当にありがとうございました、そしてお疲れさまでした」
それだけなんですよね。

人間誰しも、コンピュータじゃないんだから、
何かをずーっと同じ熱量とパワーとベクトルで好きでいられるわけじゃない。
いくつもの「好き」が同時に起こることもあるし、
何かの拍子で、ふと「好き」の回線が途切れることだってある。
でも、途切れたものはまたいつか繋がる可能性だってあるわけで。

また、いつか。

そう信じて、心から感謝と御礼を申し上げたいと思います。


読了『蘭稜魔王』

2012.12.08*Sat*
先週の土曜日に買ってきて、
あらやだ、ヤバイ。
まずは、前作の復習しなきゃだわ、てな事で。
1週間かけて文庫2冊って、
あまりにも時間かけすぎだろ、てな状況でございます。

や、先週土曜日買ってきたはいいものの、
日曜午前に献血行ったら、午後からかったるくって眠くって。

更に平日に至っては、
職場1時間の昼休みは完全消灯、しかも多岐席は窓から一番遠い。
スマホで電子版読むならまだしも、紙媒体は暗くてNG。

通勤電車じゃ、吊革つかまってるので精いっぱい。
片手読みできるような余裕もなく。
(乗車率200%超えがデフォですから)
運よく座れれば、座った途端に、爆睡かましてるし。

夜は夜とて、
布団に入って、さぁ読もうとページ開いた記憶もあやふやなまま、
一気に夢の中。

結局まともな読書時間は、
職場到着してから始業までの約40分しかございませんでした。

なんかもう、
最近事あるごとに睡眠を貪っている多岐でございます。
寒くなってきたから、身体が冬眠したがってるのかも…。

そんなこんなで、
本日ようやっと無事に、新刊読了。
ネタバレ可能性大なので、感想は"続き"から。
(や、いつものごとく、大層な事は言ってないですけど。)



12
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )