FC2ブログ


2009.07.18箱根

2009.07.18*Sat*
今年、箱根に赴くのは早くも3回目です。
ほんの数年前までは、初詣に行く程度だったのが、
一人で動き回るようになってから、回数が増えたような…。
好きだからいいんですけどね、箱根。

前回(4月)は、まだまだミラージュに浸りきれてなかったですが、
今回は思いっきりミーハーしてます。




お昼ちょっと前に小田原を通過して、
車では初の旧道から行ってみることに。
早雲寺(結局、今回も見送り)前を通り、
杉並木の間を縫うような坂道。
途中、「七曲り」を通過する時は、ちょっと日光を思い出してみる。
…って、日光のいろは坂は寝てたから思い出も何もありゃしないじゃないかorz。

あぁ、そういえば、
あの悪趣味(暴言)な大天狗神社の総社も通り過ぎました。
一体あそこは何なんだろ。
天狗は千秋とお友達(違う)だから、無下にはできないと思うけど、
あのキンペカは、どうかと思うわけですよ。

お昼も充分すぎて、元箱根に到着。
真っ直ぐに箱根神社へお参りに。

TS3M0002_20090922232530.jpg
あたかも風魔の霊霧に包まれたかのような光景です。
何度も箱根神社には足を運んでいるけれど、
ここまで霧の濃い経験は初めて。
箱根権現そのものがもつ気配と、
肌を掠めるようなひんやりとした空気。
お社を守るように立ち並ぶ杉木立がほの白く揺らぐ。
もしここに自分ひとりだったら、泣いてたかもしれない。
何だかもう、言葉じゃないです。
ため息しか出ない。

…って、思いっきり浸りたかったんですよ。
えーえー、韓国だか中国だかからの団体さんがいなければ。
私も人の事いえないけれど、写真しか撮ってないんだもん。
せめて、お参りくらいしようよ。
静かにして~。

できれば、もう少し長い時間居たかったんだけど、
雰囲気台無しにされて、やむなくお社を後に。

TS3M0006_20090922232530.jpg
前回も似たようなアングルで撮ってます。
霊霧は神社だけでなく、湖も包んでました。
対岸の北条屋敷なんて、姿形も見えやしない。
って、あるのか、北条屋敷?!。

TS3M0007_20090922232529.jpg
平和鳥居、近景。
対岸どころか、すぐ近くの賽の河原も見えない。
鳥居近くまで突き出た桟橋にまで、波が押し寄せてくる。
氏康パパが出現された時って、こんなかな。

ここでも、妄想したい私の邪魔をするかのように、
ベンチ脇で、ウィーンと除草している職員さん達。
あぅ…っ。
でも、皆さんのお陰で景勝が保たれてるんですもんね。
文句なんて言ったら、バチが当りますね、ごめんなさい。

TS3M0009_20090922232529.jpg
もう一度、参道に戻って、「矢立の杉」。
なんとかして、天辺まで入れたかったけれど、
これが限界です。
でも、改めて比べてみると、
日光二荒山神社のご神木よりも、
こちらの矢立の杉の方が、迫力はあるかも。
1本だけで立ち居る姿は…うん、高耶さんに相応しいかも。
だからと言って、氏政兄を肯定はしないけれど。

…と、真面目なんだか、純粋なんだか、煩悩なんだか、
私らしいといえばらしいお参りをすませ、車に戻る。
あ、そういえば、今日は「レクサス」見ないなぁ…。
などと、やっぱり煩悩まみれで箱根神社を後にしたら…。

いたー!!。

あれは、きっと山のホテルのお客さんだよな。
あそこに停まってたんだから。
黒のレクサスを発見!!。
本当はダークグリーンを所望したいところだけど、
この際、我儘は言うまい。
箱根神社のすぐ近く、神社からは見えない位置に停まってる。
そこに意味があるだろう、ってな事で。
…でも、実際問題。
直江ってば、どこに駐車してたんでしょ。
高耶さんを救出して、箱根を脱出する時、
「裏参道」に停めてたというから…やっぱりこの辺りだ(笑)。
一人、車の中で狂喜乱舞してみます。

行きはまったくと言っていいほど見なかったレクサスも、
この後、結局5、6台とすれ違うことに。
う~ん、時代的にウィンダム仕様はないか。
…って、一目で見分けられるほどの自信もないんですけどね。

本当は、駒ケ岳に上って、奥社にも行ってみたかったけど、
箱根園の駐車場¥がぁ~。
どうしても、踏ん切りがつかないんです。
って、毎回同じことの繰り返し。
一度は、氏照兄達が見た風景を見てみたいんだけど。
まぁ、今日は上っても、霊霧できっと真っ白…。

というわけで、
湖尻経由で、仙石原へ。
ほぼ箱根山をぐるりと廻ってきたわけですが、
高さ的なものや、芦ノ湖から離れたというのもあるんでしょうが、
このあたりは、霧もなく、
窓全開で車を走らせる爽快感ったらありゃしない。
高耶さんもバイクで走ったら、きっと気持ちよかったろうなぁ。

TS3M0010_20090922232529.jpg
道路わきに車を停めて、深呼吸。
この空気、この景色。
無条件で好きな場所。
窓を開けて、風が通り過ぎるままに任せ。
ただひたすらに、無心に眺める。
できることなら、このまま眠りたい。
自分の小ささ、
自然の大きさ、豊かさ、深さ。
全てを受け止めてくれる。
でも、そこから何かを見つけられる。
ここを通り過ぎる1分後には、待っている現実。
でも、ここにいる間くらいは、解放されてもいいんじゃないか。
私にとって、大切な場所。

そんな場所で…。
タバコなんて吸ってるなよ、バカーーーっ!。
前に停まった車。
そりゃ、私一人が独占できる場所じゃないから、文句言えないんですけど、
こんな空気の綺麗なところで、なんで空気汚すようなことするのよ。
もう、一瞬で俗世に戻されましたよ。

箱根は、
私にとって、近くにある大切な場所。
親に飽きられながらも、何度でも行きたい場所。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )