FC2ブログ


2016年を振り返って

2016.12.31*Sat*
もはや毎年恒例になりつつある大晦日だけ本宅更新。
…っていうか、
パスワードすっかり忘れてて何度も入れ直してたらロックかかった。
再発行ありがとうございます(笑)。

今年を振り返って…。
個人的に一番大きかったのは、やっぱり仕事変わったことですね。
前の職場が昨年どころか数年前から採算部署として扱われるようになって、
まぁ覚悟はしてたんですけど、いつになるかがわからなく。
(半期ごとにあちこちの部署とくっついたり離れたりの不安定だったし)
それでも、業務的に最後までいられるかな…と思ってはいたのが、
2月…3月…だったかな、上長から「次の次(7月以降)の更新はない」と言われ。
普通、うちの派遣会社の契約としては満了1ヶ月前告知が当たり前のところ、
異例の3ヶ月前告知。
これだけでも、上長や先方が配慮してくださっていたのが感じて、
うん、もうしょうがないね、探すしかないもんね。
とあっさり納得もできた。
派遣元のサポートもあり、5月末には今の所に決まって…。
本当にそれまでは観劇してても笑ってても、
どこかで「そんなことしてていいの?」と、自問する声が聞こえてきてた。
好きなことを心から楽しむことができる、それって本当に幸せなことだと思う。
そんなことも再確認することができました。
今のところも、なんだかんだでもう6ヶ月、半年経って。
まだまだ慣れたとは言えないけれど、それでもなんとかやってます。
年齢的にも再就職が厳しくなるなか、仕事があること。
本当に感謝です。

…って、完全に個人的話になってしまいました。
まぁ、ブログだしね、日記だしね。

それでは気を取り直して、
手元に今年1年のチケットあれこれを持ってきての振り返りしてみましょか。

↓↓↓続きはこちらから↓↓↓

※ひとつひとつ簡単に纏めたつもりですけど、案の定の長文駄文拙文です…orz




【1月】
富田翔バースデーイベント「HOMEスタジアム2016」(1/7)
…って、のっけから「チケットない!!?」と慌ててしまいましたが、
うん、メール確認でしたね。
扉が開いた時、黒髪に戻った翔さんにまずビックリして、
そして、DVDになるまで聴けないと思っていた「郷愁夜曲」の歌声。
お祝いの席なのに、のっけから泣くとは思ってませんでした。
あれは、ずるい。

そして。
1年が始まってまだたった11日しか経ってないのに、
1年の幸せの90%はここで使い果たしたといってもいい、
「富田翔34歳決起バスツアー」(1/10~11)
バスのお席にも、宴会の時のお題にも恵まれて、本当に最高の思い出になりました。
…うん、踏みネタとかお手紙手渡しとか。
帰りのバスでの社長様の質問コーナー。
翔さんご自身からはけっして聞けないお話も伺うことができました。
思わず社長様にまでお礼のお手紙書いたもんなぁ…。
あ、翔さんへのお手紙の最高枚数もこれだった。

【2月】
舞台「のぶニャがの野望~幸村と五輪の剣~」(2/3~7)
舞台はすっごく面白かった!!
まシャムね様、すっごく格好よかった!!
だからこそ、DVDがぁぁぁ…(泣)。
でも考えてみたら、今年幸村だったのはタイムリーでしたね。
舞台も大河も、昌幸パパのマイペースっぷりは可愛かったぁ。

ミュージカル「ホス探へようこそ」(2/10~14)
…原作のよさはどこに?

荒牧慶彦「BIRTHDAYイベント2016 in Tokyo」(2/13)
前日夜から発熱で、すわインフルか!?と朝一で医者に行って。
…そういえば、あの時のお祝いコメント動画。
ニコ生にアップしてくださるという話はどうなったんでしょうか?
大阪で流れたという、寝起きまシャムね様観たい…。

【3月】
のぶニャがの野望番外公演「ねこ軍議~飼い猫はどいつニャ?~」(3/1~6)
まさかの3武将が人猫という奇跡の夜公演!!
ミャーゴ姫の後添いにノブさんを選んだまシャムね様、末永くお幸せに(笑)

復興支援舞台「イシノマキにいた時間」(3/10)
東京に戻ってきたイシノマキ。
変わらない舞台…でも、受ける想い、感じる何かは、違う。
もしこれを4月以降に観ていたら、きっとまた違っていたと思う。
まぁ、シゲさん実際に熊本行ったりしていてそれどころじゃなかったけど。

かくたすのいるところ第二回公演
「アンダードッグ~ロマン主義スケッチ集~」
(3/16~20)
観る前は、「ロマンって何?」
観終わってからは「ロマンって何!!??」
いわゆる商業劇場とは違う、小劇場ならでは。
映像化しないこと前提に作られた芝居空間を楽しませていただきました。
クイーンの歌、また聴きたいなぁ…。

映画「MOONBOW」プレミアム上映会(3/18)
かくたすを一日だけお休みして行った、まっきー出演映画の上映会。
…えっと、これって今どうなってるんでしょ。

朗読劇「雲は湧き、光あふれて」(3/30~4/3)
これもまっきー目当てで行きました。
内容は…ごめんなさい、覚えてないです。
でも、ここで高校球児を演じたはずなのに、
トキイベの「とにかく野球をやってみた」で
キャッチャーに向かってバッターボックス立ったんだよな…まっきー。
それを思うと、今ニコ生であんだけ野球の話についていかれるようになって…。
成長したね…(笑)

【4月】
「Toki Entertainment ~Viva La Revolution Vol.5・6・7・8~」(4/2、4/16)
まさかこんな形でゼップに戻ってくるとは思わなかったです。
(…といっても年2で通っていたのはTOKYOの方だったけど)
クイーンに再会出来た時は、本気でべそ泣き状態になりました。
…そういえば、
Vol.8でぐだぐだになった漫才もニコ生でやり直すって話ありませんでした?
まっきーの爆弾発言からの翔さんの三段論法、楽しかったぁ。

【5月】
朗読舞台「逢いたくて・・・」(5/10~15)
6日間のうちのたった1公演だけのご出演。
イッセー尾形さんと石野真子さんという大先輩に囲まれた翔さん。
トキの長男、ハンサムリーダー、座長…という見慣れた姿とは違い、
先輩方の胸を借りるような若々しさと、リスペクトする姿勢。
石原くんそのものの姿でした。
またこれも観たいなぁ…声だけでもいいなぁ…CD化してくれたらよかったのに…。

舞台「ラズベリーボーイ3 THE FINAL」(5/20~29)
ザ・ファイナル詐欺(笑)
この公演の最中に、次(今)の仕事が決まって、セルフ祝いに1公演増やした。
千秋楽、
あっきーが、自分がどうこうの前にまず翔さんを胴上げしようと言ってくれて。
あっきーがラズボの顔、ボディなら、
翔さんはまぎれもなく、ラズボのブレイン、精神。
「3」とイベントで友朗さんの謎が解けるのかと思ったら、さらに増えて。
映画版でどうにかなるのかなぁ…映画ご出演されるのかなぁ…。
もっと近々の話で、リリイベご出演されるのかなぁ…。
…って、まさか年越しするとは思いませんでしたけどね!

撃弾ハンサム「ハンサム誕生」~こちらハンサム学園中等部~(5/23)
今年唯一のハンサム本公演。
ゆーたくんあきばくんの前説とか、
生ライザップ(しかもおーぎださん…)。
翔さんが姿を消したときの翔太くんの不安そうな顔。
ご出演の重文さんはもちろん、宮本さんや皆戸さんも観に来られてましたっけ。
かくたすメンバーとのご交流を今でも拝見するとなんだか嬉しくなる。

極上文學「春琴抄」(6/16~19)
まさに「極上」の世界を観させていただきました。
ヒールな翔さんが観たいと思っていた願いも叶ったんですけど、
終演後の翔道教室で「自分に素直」という翔さんの言葉を聞いて、目から鱗。
別に率先して悪役なんじゃなくて、利太郎さんにとってはあれが自然な振る舞い。
そして、最後の春琴と佐助の穏やかな表情に打ちのめされたような姿。
今では、利太郎さん可愛いとすら思えるようになってます。
…でも、あの赤眞コーナーのショックな一言は今でも衝撃過ぎましたけど、ね。

【7月】
短編映画「思い出カプセル」完成披露イベント(7/3)
…チケット確認したら、ハンサムの「ハ」の字も書いてありませんでした(笑)
映画とご本人たちのギャップが…ね…。
てらくん、司会お疲れ様でした。
あ、「純愛ストーカーくん」のメイキングもここでゲット。
そういえば、2015年のSDFのDVD化も今秋って話じゃありませんでしたっけ?
(こんなのばっかりですけど、社長様ーーーっ!!)

映画「第九条」舞台挨拶上映(7/8)
ご登場したまっきーの衣装に会場ざわざわ…。
その中でひとり、まきくらの皆さんとは違う視点で悶えておりました。
だって、FUGAカタログの翔さんモデルのジャケット来てきたんですよ、あの子!!!
映画自体も、すごく見応えのあるもので、
これから選挙権を持つ若い子には特に観て欲しいと思ったし、
政治屋の皆さんにもぜひご覧いただいて、ご自身の襟を正していただきたい。
東京凱旋、いつかなぁ…。

舞台「逆転検事~逆転のテレポーテーション~」(7/15~24)
ビジュアルと、「ともろう」の名前にまずビックリ。
格好いい、でも孤独のヒーローだった飛鳥井さん。
ゲーム化していない原作を舞台化…って、
やっぱりこれって、まず翔さんのご出演ありきでの原作探しだった気がしてる。

「DAYDREAM BABYS*」(7/27)
松岡さん&ホストちゃんメンバーとの久しぶりのご共演。
…って初日にあれだけのトップギア…本当にご関係者様すいません。
あのあとググった時の「初日が神回すぎた」というツイートを見かけて。
「だった」じゃなくて「すぎた」という言葉がすべてを物語ってるな、と納得いたしました。
先日の夜ヲタでやっとお二人からの振り返り?も聞けましたし。
果たして、年明け創始者である充ハンサムはスペゼロにご降臨されるのでしょうか!?

【8月】
青春ディスカバリーフィルム~なんだって青春編~舞台挨拶(8/21)
4度目の「思い出カプセル」(笑)
そして、左肩の演技が印象的な「バス停の動かし方」
個人的には、ヲタクなばばりょの「ボクの人間的欠陥」が一番好きでした。
そして、ほぼハジメマシテだった神永くんの翔さん対応力も凄かった。
ぜひ、お二人のご共演もお待ちしています。

舞台「ハロー、イエスタデイ 再演」(8/24~31)
観終わったあと、心がほっこりあったかくなる大好きな作品。
初日のカテコで、座長なまっちーが「言っていいよ」とご挨拶を翔さんに委ねたり。
千秋楽でのコール&レスポンスも、まっちーのもじもじがキッカケだったなぁ…。
翔さんとまっちーの関係って、今までにない感じなのですごく新鮮で可愛くて。
これも、早くDVDが観たいです(…って、その前に初演の観なきゃ)

【9月】
荒牧慶彦イベント「まきば会 Vol.1」(9/17)
フツーに楽しかった!!
っていうか、俳優さんって皆画伯なの!?(笑)

【10月】
高崎翔太イベント「第28回バースデーパーティー」(10/9)
2月のまき誕に引き続き、翔太くんと初チェキ。
前年トキイベで翔さんにお願いしたポーズをそれぞれにもお願いしたんですけど。
…うん、三人三様。
でも、やっぱり翔さんだけ大人感があるのは、贔屓目かなぁ。
根本さんが司会で、すでにこの時からフラグは立ってた。

舞台「炎の蜃気楼昭和編 夜叉衆ブギウギ」(10/21~30)
楽しかった。
凄かった。
凄まじかった。
怖かった。
痛かった。
嬉しかった。
辛かった。
…幸せだった。

【11月】
あ、なんにも観てない。
翔さん動かないと、本当に動かなくなったなぁ…。

【12月】
Toki Entertainment~Viva La Revolution Vol.9・10・11・12~」(12/3、4)
…とりあえず、シュシュゲットできてよかったよぉおおおぉぉぉっ!!!
初日目の前で物販切られ、完売し。
翌日開店と同時に参戦したものの段取り悪くやっぱり完売…。
千秋楽でやっとやぁぁぁっと買えた時には物販のお姉さんにまで労われましたよ。
翔さんたち4人の格好よさ、可愛らしさ、楽しさはもちろんのこと、
トキの女の子たちはやっぱりトキに入るだけあるなぁ…と思ったし、
ようこそいらっしゃいましたなASHのお二人&玉ちゃん…。
トキに移籍したこと後悔なんてされてません…よ…ね?ね?ね?
DVDはいつ発売になるのかな。
そして、あのタペストリーは…。

「プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE」エピソード1(12/8~14)
トキイベでのきしたくのあまりのご活躍に敬意を表してチケット取りました。
会場を所狭しと駆け回るキャストの皆さんのスピードに圧巻。
できることなら、DJ修司さんにペンラ振りたかったぁ(そこ!?)

ざざっと今年の観劇を振り返ってみました。
まぁ、基本翔さんしか行ってません(笑)。
いろんな舞台観てみたいな…とも思いますが、
主にお財布と相談して、だったら翔さん1つ増やそ、という結論に達すること暫し。
というか、
かくたすで、DVD化しないなら…と一つ増やして。
ラズボは、仕事きまったご褒美に、一つ増やして。
逆検は、初日と楽しかとってなかったんだけど、やっぱり足りない!と2日目当日券並んで。
ハロイエは、結局3公演追加して。
ミラステもぎりぎりになって平日アフト回有給取れて。
公演中に追加することが多かった年になりました。
なんだかんだで、もっと観たい!になるんですよね。
だったら、最初からチケット取ってればいいじゃん、という話なんですけど、
仕事だったり私事だったりお財布だったりと、いろいろ都合はあるわけで。
きっと来年もこんな感じになると思います。

そしてそして。
観劇とは少し違うけれど、自分的オシゴトでの最大の出来事。
T.UTU with the BAND Phoenix TOUR 2016 参戦!!
22年ぶりのT.UTU!!
8年ぶりのライブ!!
本当はすっごく怖かった。
トラウマが大きすぎて、もう自分はライブを楽しめないんじゃないかって思ってた。
でも、あの歌声を生でこの耳で聴いた瞬間(新曲だったのはこの際置いておいて)、
帰ってきて良かった…!!と心から思えた。
誘ってくれて、ずっと支えてくださったお友達に、感謝しかありません!!
本当に本当にありがとうございます!!
ルパン三世のような細い足腰、ぶらぶらさせる天使の仕草。
甘く、乾いた心を癒すような歌声。
どれも、まだ自分のなかに残ってた、染み込んでた。
やっぱり自分にとっての原点はココなんだ…と改めて感じることができました。
(実際、自分のライブデビューだったし)
もちろん、当時と同じ熱量でこれから追いかけることはできないし、しないけど。
でも、自分にとっての「永遠の少年」は変わらない。
それがわかったことが、とっても嬉しく幸せでした。
生きててくれて、ありがとう。
歌い続けてきてくれてありがとう。


…と、最後は完全に自分の世界の話で申し訳ございません。

2016年。
仕事も私事も、オシゴトも。
本当にいろんなことがありました。
その中で、新たに出会えたご縁、より強くなったご縁、すれ違ってしまったご縁。
人と人との関係、繋がりにも考えさせられる1年でした。
激しくはないけれど、思いっきり喧嘩(?)もして、言いたいこと吐き出して、
そして甘えること、甘えられることの大切さ、それによって生まれる絆も感じられました。

今の自分がいるのは、出会えた皆さんのお陰だと思っています。
お会いできた皆様、様々な時間・場所でご一緒してくださった皆様。
Twitter上だけでもお声かけてくださった皆様。
そして、現実の自分を支えてきてくれた身内や友人たち。
本当に本当にありがとうございました。
自分が頂戴したたくさんのものに対して、
なにかほんの少しでも、お返しできているものがあればいいな、と思います。

また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとって、2016年が素敵に終わりますように。
そして、2017年が素敵な年となりますように…。

2016.12.31.
多岐美影 拝

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )