FC2ブログ


2009.06.20.鎌倉

2009.06.21*Sun*
今日(6/21 sun)は丸々一日レポ書きに終始しておりました。
なにせ金魚並みの記憶力(3秒前のことを忘れる)しかないので、
思い出せるうちに書かないと、とんでもないことになってしまう…。

というわけで。
前日の小田原に引き続きの、鎌倉旅です。
どうにか小田原疲れは免れ(タイムラグがまだ来てないだけという話も…)、
お天気にも恵まれ、格好のお出かけ日和となりました。

今回のミラツアの割合は…すいません、10%程度です。
近くではありますが、江の島がほぼスルーですし、
今回は何よりも相方がおりまして。
30年来の付き合いという友人と一緒です。
きっと私がミラージュに浸りたいといえば、付き合ってくれるんでしょうけど、
絶対に茶々入れてくる…っていうか、シリアスさせてくれないんですよねぇ…。
ま、まったく気を使わない相手ということで、楽といえば楽なんですけど。

ちなみに、今秋あたりを狙ってる仙台ツアー。
これに行こうと言い出したのも、この友人。
というか、友人の目的は、牡蠣と牛タンですが、
青葉城や瑞鳳殿には絶対に付き合わせるから、そのつもりで。


…ということで、
今回のカテゴリは、「蜃気楼的」ではなく「非日常的」です。


TS3M0001_20090922234649.jpg
学生時代以来の江ノ電です。
やはり6月に鎌倉方面に行こうと考えるのは、皆同じらしく、
通勤ですら乗らない満員電車…。

TS3M0002_20090922234648.jpg
藤沢より約35分、鎌倉駅に到着。
こちらは、JR口。
昔は、江ノ電で来ても、こっちに出られたと思ったんだけどなぁ…。

今日の目的のひとつは、TVでも有名な「イワタコーヒー」のホットケーキ。
…だったんですが。
あまりの行列2時間待ち。
ここは浦安か!?。
さすがにここでそんなに時間はかけられないので、敢え無く断念。
まぁ、ホットケーキは逃げないから、また来る目的できたし。
とか自分たちに言い聞かせ。

TS3M0003.jpg
そのまま小町通のお店をぷらぷら散策しながら、
ふと気づく。
…ここって、あくまでもわき道だよね。
という事で、途中で参道へ出て、「若宮大路段葛」を歩いて八幡宮前へ。

TS3M0005.jpg
八幡宮、境内。
日がよかったのか、2組結婚式を挙げられてたようです。

着慣れてないし、レンタルだからしょうがないんだろうけど、
白無垢の裾、あんなにたくし上げるのはいかがなもんでしょ。
白足袋の上が見えるって…。
もう少し花嫁様には、楚々とした立ち居振る舞いを願いたいなぁ…と。

TS3M0007_20090922234638.jpg
本日のワタクシ的メイン(笑)。
「千秋と色部さんが八海と待ち合わせた大イチョウ」。

今回、日光や小田原ほど予備知識もなく来たので、
「行くだけで見つかるかな」と少し心配してたんですが、
どんだけ杞憂だよって感じの大きさでした。

TS3M0008.jpg
参拝して、本宮を背にしての大石段。

記念写真を撮る団体客を見下ろし、
大イチョウの枝を見上げる角度という事で、
恐らく、千秋達はこの中間あたりに座ってた模様。

よしっ!これで今日の私のノルマは終わったぞ。

帰りは小町通を通ることに。
相方が香炉が欲しいというので、和装小物を扱ってるお店を覗いたり、
お漬物屋で試食したり。

そして、「せっかく」だからと、
雑誌に載ってたお店でお昼をしようと、
小町通から一本入ったところにある、
「鎌倉釜飯 かまかま」へ。

待ってるのが10組なかったので、そんなに時間かからないだろうと思ったんですが、
さにあらず。
釜飯は作るのに時間がかかるものだということをすっかり失念しておりました。
なんとここでとうとう2時間待ちを食う羽目に。
さっき「イワタコーヒー」を断念したのはなんだったのか…orz。

TS3M0009_20090922234733.jpg
ようやく私たちの番。
まずは乾いた喉を潤さんと、
ビールの一口が、美味しいなんて、
私にはめったに無い感想ですよ。

TS3M0010_20090922234732.jpg
鎌倉ビールその1。
「鎌倉麦酒物語【星の大河】」。

普段ビールを飲まない性質なので、
これが美味しいのか、イマイチ分かりません。

それにしても、この裏書。
鎌倉だから、「義経」あたりを連想するのが普通なんでしょうけど、
是非にも速水さんのあの声で読んで頂きたいなぁ…と。

TS3M0011.jpg
こちらは、「鎌倉ビール【月】(アルトタイプ)」。
相方曰く、こっちの方が美味しいとの事。
こっちの裏書は、まだビールの説明らしい(笑)。

TS3M0012.jpg
2時間待ちで、ようやくのお昼。
…って、時すでに15時30分を廻ってます。
お昼どころか、おやつじゃんか…。

これで不味かったらどうしてくれよう…との心配とは裏腹に、
瑞々しい生シラスと、ほんわりとした釜揚げシラス。
そして、ちゃんと出来てるおこげご飯。

あ~、美味しかった。

でも、次2時間待つ?って聞かれたら、
謹んで辞退させていただきます。
だったら、素直に「イワタコーヒー」を選ぶわ。

お腹もようやく落ち着いたところで、
ふと、思い出す。
今日の目的は何だったっけ?
…はっ!。
紫陽花よ、紫陽花!!。
その為に、この観光シーズン真っ盛り、人もてんこ盛りの鎌倉に来たんじゃない!。
という事で、江ノ電に再び乗り込みます。

TS3M0014.jpg
鎌倉にある紫陽花の名刹の中で、私たちが選んだのは、長谷寺。
名月院にも行きたかったんですが、何せ時間がぁ…。

TS3M0016.jpg
長谷寺堂宇。
中には二体の観音様がいらっしゃいます。
御前立の観音様と、後ろの御尊像。
その姿が、毘沙門天を背にしてる高耶さんとダブり、思わず涙が出そうに。

堂宇の周りにいる人々は、皆さん紫陽花巡りの順番待ちです。
50人くらいずつ呼ばれて、散策路に入れるのですが、
私たちが入山してすぐに本日分は締め切りとなったようです。
間に合ってよかったよ~。

TS3M0021.jpg
30分近く待って、ようやく散策路へ。
入り口近くの鉢植えさえた紫陽花。

まるで青薔薇のよう。
結局、このあとたくさんの紫陽花を見た中で、
これが私は一番気に入りましたが、名前知らず…あぅ。

TS3M0022.jpg
散策路入り口。

ここに書かれているのは、ほんの一部。
紫陽花にあんなに種類があるなんて本当に知りませんでした。

ここからは、しばらく紫陽花の花が続きます(18枚)。
TS3M0024.jpg
TS3M0026.jpg
TS3M0027.jpg
TS3M0029.jpg
TS3M0030.jpg
TS3M0031.jpg
TS3M0032.jpg

TS3M0036.jpg
この辺りは、花の近くに名札がついてました。
(他が見つけられなかっただけかも。)
TS3M0037.jpg
TS3M0038.jpg
TS3M0039.jpg
TS3M0040.jpg
TS3M0041.jpg
TS3M0042.jpg
TS3M0044.jpg
TS3M0045.jpg
TS3M0051.jpg

おまけ
TS3M0047.jpg
紫陽花じゃないんですが、
蜜を吸いにきた蜂のお尻があまりにもかわいくって…。

TS3M0053.jpg
散策路を降りてきて、仏様と四天王像。

これは、どなたなんでしょうか。
近くに覚え書きも何もなかった。
(長谷寺のHPにもそれらしい記述が見当たりませんでした。)

気づけば、辺りもごく数組しか残っておらず、
山門を閉めたがっていそうな門人の方々にお礼を言って、退出することに。
待ち時間長かったけど、その分目の保養、心の充足をいただけました。

TS3M0055.jpg
江ノ電に再び乗り、藤沢へ…と思いきや、
閉門しているのを承知で降りてしまった、極楽寺。
いや~、まさかあんな駅の目鼻先だとは…。

この奥でも、紫陽花は咲き誇ってるんだろうなぁ…。

TS3M0057.jpg
藤沢駅に到着。
行きがバタバタしてて撮りそこなったので、今撮ってみます。

一年で一番観光客が多い時期だというのは承知だったんですが、
それでも読みが甘すぎたらしいです。
やはりこの間の日光のように、平日に来なきゃ、ゆっくりはできないんだなぁ…。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )