FC2ブログ


「奥様は18歳」

2010.04.15*Thu*
敬愛すべき「ただ、優しき抱擁を」様にて、
現在、絶賛連載中でございます!。

本当にね、多岐のどーしようもない妄想が、
まさかこんなに立派に独り立ちして、
更に発展開発昇華の一途を辿っていただけるとは、
誰が一体予想したでしょうか!?。

すっげー幸せ!!。

いえ、元を質せば、
青海様の描かれた高耶さんがあまりにもキュートすぎるのがいけないんですよっ!。
拝見した瞬間、直江じゃないけど生唾ゴックンでしたもの。

そして、すぐに多岐の頭に浮かんだのが、
かの70年代に一世を風靡したラブコメドラマのタイトルでございます。
(改めて、ウィキで確認したら、ドラマは「おくさま」が平仮名でした。)

先に断っておきますが、
さすがに、多岐も、リアルタイムでは観てなかったですよっ!。
だってまだ産まれてなかったしぃ。
夕方の再々々々放送くらいを多分観てたと思われます。

詳しい内容なんていうのも当然覚えておらず、
ただ、学校に内緒で結婚してるカップルのドタバタで、
んでもって、ちゅーしようとすると、必ず邪魔が入るのだけが、
妙に印象に残っております。
っていうか、それしか覚えてないです。

まだ、TVというものが、一家に一台。
それもお茶の間にあって、家族全員集まって観るのが一般的。
エッチは勿論のこと、キスシーンですら憚られるものといった時代でしたけど、
多岐の場合、
幸か不幸か、夕方の再放送枠というのは、
唯一多岐がチャンネル権を独占できる時間帯だったんですよ。
なので、親の眼を気にすることなく、楽しんで観られたのは、
今にして思えば、ラッキだったのかな。
お陰で、キスというのはすっごく特別なものなんだと、幼心にインプットされました。
うん、多岐ら子供を寝かしつけた後に、
両親が観てた「ハン○・マン」のお色気シーン(?)よりも、恐らくドキドキしてた。
(多岐の寝床は、お茶の間の隣、ふすま1枚隔てただけでした。)

だから、
今、多岐が「キス」とか「ちゅう」とかに拘るのは、
多分、三つ子の魂…というヤツかもしれません。
初直高画を描かせて頂いた時も、寸止めだったしなぁ…。



…そして、いくらそういう設定だったとしても、
あの旦那様が女性にもてるのか、当時の多岐ですら疑問だった…とか、
言っちゃーいけないコトを言ってみる。
わはは…時効って事で、ご容赦をっ。

昔話にて、申し訳ござません。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


06
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )