FC2ブログ


6年前を知らず…

2010.04.30*Fri*
昨日は、景虎様の法要に気を取られておりましたが、
水菜先生のサイン会も催されてたんですよね。
…自分行かないから、すっかり忘れておりました。

そっか、名古屋かぁ…。
手羽先、味噌カツ、ひつまぶし。
味噌煮込みうどんに、小倉トースト、あんかけスパ。
それぞれ美味しく頂戴しましたが、
唯一、天むすだけちゃんと食べたことがないんですよねぇ…。
駅売りとかコンビニのとかだけ。
それがちょっと心残り。


…って、食べ物の話じゃなくて。

サイン会も失念してましたが、もう一つ。
先日27日が、本編最終巻発売より6年経った日というのは、
多岐的には、まったく存じ上げておりませんでした。
これぞまさしく出戻り新参者ならではの盲点かと。

ミラ好きに年数の差はないと仰っていただいてますが、
それは確かにそうなんでしょうけど、
やっぱり当時リアルタイムで、
1冊ずつ発売日を心待ちにされ、読み続けてこられた皆様と、
全て揃って、且つ結末にある程度覚悟が出来て読める後出し者と、
想いの重さというのは、違うんじゃないかな…と思うわけです。
どんなに今、多岐がミラを好きだと言葉を費やしても、
当時からずっと思い続けてきた方々には、追いつけない。
別にそれが悔しいとかは、全然思わないです。
むしろ、それは当たり前の事で、尊敬すべき事ですし。

オンタイムでミラを経験した94年~96年は、
一番多岐が、漫画・小説を乱読した時期で、
音楽も手当たり次第に聴いてたような頃で。
なので、余計に19巻のラストにショックを受けて、
そこでミラを容易に手放すこともできてしまったんだと思います。

だけど、13年多岐がミラを忘れたまま過ごしたことは事実で、
それを後悔してるかと言えば、否定するしかなく。
その空白の13年があるから、
逆に今の多岐のミラへの想いが存在すると思います。
乱読乱聴の雑多の中の一つじゃなく、
自分で確かだと思えるものを選ぶ余裕、自信のできた今だからこそ、
こんなにもミラを愛おしいと思える。

…でも、もしあれで、引き続き20巻を読んでいたら、
きっとその後の多岐の人生変わってたかもしれない。
それはそれで、我ながらちょっと興味があったりして。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


05
29
30
31

◇366日の花個紋

◇カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )