FC2ブログ


2009.05.21-22 日光 Part4

2009.05.24*Sun*
日光レポ最後となります。

2日目の今日は、バスに乗り中善寺湖を目指します。


ホテルのすぐ裏手に大谷川が流れ、
「憾満の路」と呼ばれるウォーキングコースになってます。
伺えば、含満が淵にも行けるとの事で、
もちろん、行ってみます。

…が、スタート地点とも言える大日橋へあと少しというところで、雨粒が落ちてきた。
最初はこの程度なら大丈夫、と思ってたんですが、
徐々に大粒になってきて、身軽ならまだしも、
ガラガラとキャリーバッグを引きずってる状態では、さすがにキツイ。
敢え無く、国道へと踵を返します。

坂道を登り、一番近くのバス停は…「裏見の滝入り口」。
はい、慎也が入院してたと思われる病院の目の前です。
含満が淵を断念した私に、神様が少しだけお情けをくれた気が。

ほどなくしてバスも来たので、一旦日光駅へ戻ります。

20090522 1013
昨日、バスの時間でバタバタして撮り損ねた、東武日光駅。
ウィンダムデビューの場所ですね。

って、この時点で降ってた雨はどこにやら。
あぅ…。

気を取り直して、東武バスに乗り、中禅寺湖へ。
日光山、ホテル、病院と通り過ぎ、いろは坂。
…って、この辺り記憶がございません。
どうやら、昨日の疲れが出たようで、バスの揺れが心地よく…。
気がつけば、明智平を通過してました。

終点「中善寺温泉」にて下車し、帰りのバスの時間をチェックし、
まずは華厳の滝へ。
「直江meets高坂」の舞台へいざ行かん。

20090522 1122
まずは、滝を上から眺めます。

20090522 1133
団体客をやり過ごし、
エレベータを降りて観瀑台へ。
1年前にここに来てたら、負の感情が湧いたかも知れない。
えっと…ちょっといろいろあった時期でしたので。
今は全然大丈夫です。

でも、これ見てて、振り向いたら高坂がいる…。
やっぱりちょっと怖いかも。

20090522 1137
滝そのものも圧巻だけれども、
滝壺から流れる水の碧さも、捨てがたい。
昨日、神橋を見ていても思いましたが、本当の水の色ってコレなんだな。

20090522 1158
またバスに乗り(フリーパスの元を取ろうとする庶民です)、
二荒山中宮祠。
最後の兄弟喧嘩の地ですね。
日光山の本社にはあれほどの沢山の人がいたのに、
こちらはほとんど人気がありません。

20090522 1200
この門扉を閉めた前で、高耶さんは氏政兄を待っていたんだなぁ…。

20090522 1217
中宮祠にて参拝を済ませ、参道を湖へと戻ります。
穏やかに静かに広がる湖面。

20090522 1228
私の中のイメージにある桟橋。
まだアニメ版見てないので、勝手に決め付けてます。

板を鳴らす靴音の響きを背中に聴きながら、佇む高耶さん。
声をかけられる事を望まれてるのを知りながら、立ち去る直江。
もしここでお互い振り返っていたら、何かが変わっていたはず。
「もし」という言葉の虚しさが嫌というほど突き刺さる。

このまま湖の畔を歩きながら、中善寺へ向かいます。

20090522 1258
お昼も12時をとうに過ぎたところで、ランチを頂きます。
せっかく来たのだから、地場産グルメを。
「レストラン・ピープル」のヒメマスの塩焼き。
身が驚くほど骨からはがれやすいし、川魚の臭みもない。
ただ、添え物のラタトゥイユもどきが冷凍のミックスベジタブルだったのは残念。

20090522 1400
ミラージュとは関係ありませんが、せっかくここまで来たんですから。
湖の名前の由来となった、「中禅寺」。
通称の「立木観音」の方が、有名かな。
ちょうど坂東巡礼の方々が来られていて、読経の声が聴こえました。
穏やかなお顔の観音様でした。

20090522 1404
立木観音近くから観た男体山。
山開きの日には、ここからでも登山客の列が見えるそうです。

この後、バスターミナルへ戻る途中で、
自然の神秘ともいえそうな光景に出会いました。
男体山の頂上からふもとへかけて、
円をかたどったかのような雲がゆっくりと降りてこられたんです。
カメラを構えることもできず、ひたすら見入ってしまいました。

先ほどは終点だったバスも今度は始発。
本数が少ない為、ほぼ満席の状態となってます。

…って、すいません。
また帰りも爆睡かましてます、この女。
おかげで、恙ちゃんがウィンダムを襲った場所も確認できず。

20090522 1629
新宿へ向かう車窓から。
さようなら、日光。
充実の2日間をありがとう。
またいつか訪れる日まで…。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )