FC2ブログ


2010.07.23-24.奈良 Part5(最終編)

2010.07.31*Sat*
高耶さんBDから、早1週間以上が経ってしまいました。
なんだか既に1ヶ月もそれ以上も過去のような気がしております。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうと言いますが、
それが思い出記憶にも適用してしまうのかと思うと、ちょっと淋しい…。
って、単に多岐の記憶力の問題という話が無きにしも非ず。

…という事で、
ようやく高耶さんBD記念奈良の旅も、最後となります。

心残りのなきよう、もう一度あの場所へ行ってきます。





それでは、↓"続きを読む"  からご覧ください。

20100724174301.jpg
神紋ツアーにお付き合い頂きました御二方とお別れし、
奈良駅へ向かう近鉄線。
車窓から見えたので、「そういえば、平城京だっけ」と、
世間一般的興味に対し、薄い感想を抱いてみる。

20100724175701.jpg
近鉄奈良駅から若草山方面を望む。
昨日の朝。
夜行バスが急に停まったので何だろうと思ったら、
鹿さんが朝の散歩でこのメインストリートを横切ってらっしゃいました。
それ見た瞬間、「あぁ、奈良来たんだぁ」と思ってみたりして。

そういえば、
今回の奈良旅、一度もウィンダムもセフィーロも遭遇しませんでした。
しかも、奈良限定のプレセアも見かけなったぁ~っ!!。
あ、一台だけ青のBMWだけ発見。

ここからバスに乗り、
昨日とほぼ同じ時間にもう一度同じ道を進みます。

20100724182401.jpg
嘘。
昨日と同じ道じゃありません。
リベンジとばかりに、今日はちゃんと「ゆるい階段」を登ってきました。

20100724182601.jpg
三月堂と一段高くにある二月堂。
今日は土曜日だからでしょうか、昨日よりも訪れる方が多いようです。

20100724190201.jpg
大仏殿の上あたりにある雲が、まるで空を泳ぐ一羽の鳥のようで。
雲の動きをしばし、ぼーっと眺める。

20100724191701.jpg
"残照"と呼ぶのならば、
もしかしたら昨日よりも今日の方が、よりらしいと多岐は思いました。
薄っすらと広がる雲に、
その向こうに隠れた太陽が今日最後の輝きを放ち、
色鮮やかな世界が、目の前に展開される様は、本当に言葉にならないもので。
今、"あなた"に出会えたことに心から感謝をしたくなりました。
(そうでなかったら、この光景を見ることもなかったでしょうし。)

そんな感慨に耽って、浸っていたいと思ったのに…っ。

先ほど「土曜日だから人が多い」言いましたとおり、
二月堂舞台も、昨日よりもいられる方が多いです。
でもねぇ。
もう少し時と場所をわきまえた会話というのがあるはずなんだ。
なんで、ここで「友達がどーの」だとか「昨日学校でどーたら」とか。
それって、今此処で話さなきゃいけない会話ですか?
…あぅ、折角の気分半減しましたぁ。

20100724193301.jpg
二月堂や回廊にぽつぽつと灯りが点される中、
そういえば、今日はここから一人で帰るんだな、とふと気づく。
仏様の加護に包まれた場所だと充分分かってはおりますが、
何せ天下一品のヘタレ女ですので、暗闇に包まれる前に撤退いたします。

20100724193801.jpg
昨夜は上手く撮れなかった、土塀の道越しの二月堂。
またいつか絶対に…と再訪を誓います。

朝のうちに勿論チェックアウトしておりますが、
ホテルの御好意に甘えて、荷物を預かって頂いております。
でも、その前に。
とりあえず夕飯だけでも食べておこうと、ホテル前の通りをぶらり。

今朝は高耶さん気分でマ○クでしたけど、
流石に夜も…というわけにもいかず(夜バスで胸やけは避けたい…)、
さてどうしようと思った時に、目に飛び込んだお店。

餃子の○将。

いや、別に多岐が入ったわけじゃなくって(夜バスで胸やけ…以下略)。

昨夜はホテル最上階のレストランでしたけど、
もし直江(っていうかスポンサー)がいなくって、
高耶さんと千秋の二人だけだったら、ここ入ったんじゃないかなぁ…とか。
んで、餃子の数食べた食べないで喧嘩したり。
夜の往来で、まるっと完全に勝手な妄想に浸ってみる。

結局その向かいのファミレス(高耶さん達ならこっちの可能性も…)で、
軽めにご飯食べて、ホテルへ戻って。
あぁ、昨夜ちゃんと「大和御膳」食べてて正解。
やはり旅先では、その土地ならではのものは必ず頂きたいですから。



20100724220701.jpg
昨日の朝7時前から、約40時間。
いよいよ奈良とはお別れです。

ミラツアは、多岐にとって己の中のミラへの想いを再確認する場。
「行きたい」と「見たい」と思っていた場所風景を見ることができ、
文章の上で思い描いていたものとの違いを感じ、
彼らが息づいていた世界に近付けた事に喜びを感じ、
更に『炎の蜃気楼』という作品を好きになる自分がいる。
こんなに幸せな事って、めったにないと思う。

そして、今回の旅はそれだけじゃなく、
ミラージュファンの皆様と初めてお会いすることが出来、
より一層楽しく幸せな時間を頂戴いたしました。
それぞれお時間やタイミング的に、しっかりと御挨拶ができなかったので、
この場にて改めて御礼申し上げます。
皆様、本当にありがとうございます&御世話になりましたっ!!。
多岐との時間が、少しでも皆様の御邪魔になっていなければいいなと、
切に願っております。
って、生多岐をご覧になって、がっかりされてなければいいなぁ…。
(web上で被ってる猫の枚数が、どれだけのものか…。)


≪おまけ(というか御土産)≫
20100725083901.jpg
長谷寺にて邂逅、そのまま拉致ってまいりました。

「起き上がり守」寅

やっもう、一目ぼれです。
なにこのちんまり感は…っ!!。
信貴山で張り子の虎を買い損なって、がっくりしてたんですが、
それを補って余りあるくらいに、多岐のハートをぎゅっとつかんでくれましたよっ!!。

お似合いのおざぶを敷いてあげたいところなんですが、
まだ買いに行けてません…(しくしく)。
とりあえずの仮小屋にて、鎮座まして頂いております。


≪おまけ その2≫
20100723230601.jpg
今回の奈良旅の目玉商品でございます(笑)。

地元ご在住のS様が持ってきて下さいました希少品。
何が希少って、今ないですからっ「榛原町」!!
思わずそのまま頂戴して帰ってきました。
この中に、今回長谷寺や室生寺の入山半券いれておこっと。




奈良レポ。
気づけば、5ページ(+前書き)という最長レポとなりました。
最後までご覧くださいました方、
相も変わらず、下手すりゃいつも以上のヘタレレポにお付き合いくださいまして、
誠にありがとうございましたっ!!。
そして、お疲れさまでした。

次は、いつ何処へ行けるのか。
出来ることなら、年内にもう一か所くらいお泊まりで…と思っておりますが、
はてさて一体どうなることやら…。
とりあえず、今回奈良へ訪れましたけど、
三月堂にもやはり行きたいですし、日光・月光菩薩にもお会いしたい。
郡山城も行ってないですし、
神紋的には、戒壇院も行かなきゃ。
あぁ…っ、こうして振り返ると、
かーなーりー、穴ぼこだらけの旅だった事が発覚…orz。
やはり、旅行前の予習復習は、念入り且つ慎重にするのが基本だと学習して、
今回の旅レポを締めさせて頂きます。

それでは、皆様ありがとうございましたっ!!。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


11
23
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )