FC2ブログ


2009.10.04-06.越後・会津・米沢 Part2

2009.10.11*Sun*
「天地人」巡りの旅、2日目&3日目をお送りします。
2日目以降、一気に写真の量も勢いも落ちてきます(笑)。

何せ、私としては「初日が命」的なところがありましたので、
2日目以降はやや消化試合的感覚が襲ってきております。

それでも、時折ツボというか萌えな場所もあったりと、
なかなかに油断のならない旅となっております。


それでは、以下にて2日目出発いたします。


朝食は、予想通りの普通のバイキング。
でも、しっかりご飯は魚沼産こしひかり。
新米じゃないのは、ま、ご愛嬌という事で。

本日は、8時にホテルをチェックアウト。
まずは、坂戸へ向かいます。

国道17号線を走り、線路の向こうにジャ○コ六日町店を望むとある場所にて、
本日の現地ボランティアガイドさんをゲット。

あぁ、そういえば、この3日間でジ○スコをよく見かけたなぁ…。
前の会社の得意先かつ、営業事務なんてやってたもんだから、
ついついピンクの建屋が眼に入りやすくなってるんだよね。

などと、軽く抜けない職業病を恨めしく思いつつ、
本日最初のイベントです。

20091005090901.jpg
坂戸城跡です。
…って、これは大河主従の生誕碑ですが。
私の記憶が正しければ、大河の初回かそこいらで、
政景公の船事故(?)のシーンがあったような…。
あの時は、そのシーンの意味がよく分からずに見てたので、
今にして思うと、実はかなり深い場面だったんだなぁ…と。
だからといって、NHKのオンデマンドで見直すまではいかないんだけど。

20091005091001.jpg
こちらが坂戸城碑です。
こちらの駐車場にて、リーフレットを頂いたのですが、
厚手のコート紙で、坂戸城の攻防の歴史や上田長尾家の系譜などが書かれてて、
邂逅編を読んでしまっているせいか、
この扱いの丁寧さが、大河ブームだけじゃなく、
政景公の鎮魂も兼ねてるんじゃ…とか、つい勘繰ってしまったりして。

20091005095501.jpg
そして、坂戸から40分くらい離れて、
大河ファン的には、押さえどころな雲洞庵です。

「御朱印は、ご祈祷の代わりであって、記念スタンプの代わりではない」
以前、御朱印を頂いたお寺にてそう伺ったことがあり、
今回は団体旅行でそんな時間は取れないだろうと思い、
家に置いてきちゃったんですよね、御朱印帳。
でも、さすがに大河特需なこの時期は、寺社側も適宜対応されているらしく、
春日山神社とここ雲洞庵では、帳面なしでも御朱印をいただくことができました。
ありがとうございます。
次は、必ず帳面を持参いたします。

あ、ここで一つツボだったのが。
開山堂に書かれた由来書き。
「歴代の住職、お寺を建ててくれたスポンサーの位牌をお祭りしています。」
…まさか、お寺にて"スポンサー"などと言う横文字を見るとは思わなかったぜぃ。
せめて、"出資者"とか"後援者"とか書きようがあるかと思われ。

20091005115301.jpg
次は、長岡にある長岡市与板歴史民俗資料館。
ただし、今の名称は「兼続お船ミュージアム」。
大河仕様にて、今年だけこの名称で、また来年にはもとの民俗資料館に戻られるとか。

ここでミラ的お勧めは、お船と信綱の連名サイン。
この時代、妻のサインが入ること自体珍しいことだと思うんですが、
更にそれが、夫よりも前位置にあるところが、
婿としての信綱の立場というものが、垣間見えて…。
ミラージュの直江もかなりの苦労者ですが、
現実の信綱氏も、いろいろ苦労がおありだったようですね。

ここ与板にて、越後新潟とはお別れです。
山越えにて、会津へ入っていきます。

20091005152401.jpg
会津鶴ヶ城。
こちらには、昔子供の頃に来たことがあります。
子供の頃過ぎて、来たことは覚えてても何を見たかは覚えてませんけど。

今は企画展にて「天地人 会津の上杉景勝・直江兼続と関ヶ原の戦い」を開催中。
でも前日の大河で、会津ともお別れしちゃいましたけどね。

こちらは、上杉というよりも幕末。
白虎隊や、新撰組の残兵、松平容保公。
いまだに「愛しき日々」が頭の中でぐるぐる響いてきます(歳がばれる~)。

前後してしまいますが、
鶴ヶ城へ向かう前に、神指城跡も車窓からですが見ました。
家康に漬け込まれる原因=関が原の間接的原因となった城です。

…と、今日の観光スポットは以上。
前日初日に比べて写真の量はもちろんですが、
見学内容自体も少なめ。
ルート設定の都合なんでしょうけど、
なんだか同じ道を行ったり来たりしてた感が否めません。
しかも、やっぱり今日もホテルは山の中。
裏磐梯の某チェーンホテルです。

時間的に余裕があったので、
夕飯前、夕飯後、そして翌朝と3回も温泉に入ってみる。
普段自宅ではシャワーばかりなので、ここぞとばかりに湯船を堪能。

そんなこんなで、翌朝5時起床。
この時点で、窓の外では雨が降ってたんですが、
その数分後、露天風呂を味わっている私の頭上には一粒も落ちてきません。

8時に出発して、一気に会津から米沢へ約2時間。

20091006101601.jpg
松岬神社。
景勝公や十代藩主鷹山公が奉られてます。

20091006103001.jpg
上杉神社境内。
時間帯的にこれから団体さんが押し寄せるようなタイミングだったので、
わりと静かにゆっくりと参拝ができました。

20091006103401.jpg
これですね、噂の虎の手水は。
いくつかのミラサイト様にて拝見してたんですが、
実物見たら、やっぱりミーハー心が湧き出て、思わず撮ってしまいました。

参拝が済んだら、次は稽照殿へ。
大河的メインは、「愛の前立」なんでしょうけど、
ついつい信長が謙信公に送った陣羽織だとか七星剣に眼を奪われてしまいます。

20091006110001.jpg
稽照殿を出て、上杉神社脇から春日神社へ。
って、ほぼ素通りですか。
慌しく、合掌。

20091006110501.jpg
更にガイドさんに連れられて来たのは、上杉伯爵邸。
こちらも虎の手水同様にミラサイト様にて拝見してましたが、
こんなに上杉神社の近くだとは思ってませんでした。
今回は残念ながら、建屋と庭園を横切るように拝見するだけでしたが、
いつか私もこちらでちゃんと米沢牛を食したいと、新しい野望ができてしまいました。
…でも、さすがにこちらは一人じゃ入れそうにないなぁ。
どなたかご同行して頂けないでしょうか。

伝国の森「上杉博物館」前にて、
今回のツアー唯一と言っていい、自由行動の時間に。
とりあえず、館内で開催されている「天地人博」へ。
一昨日の越後開催の「天地人博」と比べると、若干熱が低いような…。
やはり、越後は謙信公や景勝公が生まれ育った町なだけだって、
より郷土愛が強いのかな…と思ったら、
ガイドさん曰く、
「家康に歯向かったりした為に米沢は石高を減らされた」と、
上杉(兼続)に対して厳しい評価が、米沢には昔からあるそうです。

こちらでの目玉アイテム(?)は、「洛中洛外図屏風」です。
実物は、かなり傷みもあり保管が難しいので、展示されているのは複写品。
信長が謙信公へ贈ったそうですが、結局信長は何の意図があったんでしょうか。
単に「ほ~ら、俺はこんなすごいのを贈れるんだぞ」という自己満足なのか、
それとも、京上洛への誘いor脅しだったのか。
あと3年謙信公が生きてられたら、歴史は変わってたんじゃないか。
もちろん、歴史にIFはないんだけれども、そう想像してみるもの悪くないんじゃないかな。

とか、ミーハー邪ま、たまに真面目にいろんな事を考えながら見学してると、
すでに時計は正午を廻ってます。
本日のお昼は、自己調達しなきゃです。
時間も勿体無いので、伝国の森を出て、通りを渡ってすぐのラーメン屋さんへ。
20091006120801.jpg
入ってから、気がついたんですが、
こちらのお店、以前TV「で○や」で紹介されたそうで。
石ちゃんや甘粕殿が食べたなら、失敗はなさそうです。
…って、本当にすごいよ。
頼んだのは、「米沢牛焼肉ラーメン」。
一箸ごとに、かならずお肉が引っかかるくらいのお肉の量。
これ、同じだけの量乗ってるのを東京神奈川で食べようとしたら、
きっとお値段もかなり違うかと思われ。
いや~、さすが地元です。

お腹も膨れたところで、お土産を買いに行く両親と別行動に。
今回初めて完全に一人で気まま歩きです。
って、すでに集合時間まであと30分切ってるんですけど。

20091006123001.jpg
折角だし、次いつ来られるか分からないので、
もう一度上杉神社へ戻って、参拝してきました。

13時、またまたバスで移動。
街中を走り、山形大学のレトロな建屋を眺めつつ、
到着したのは、林泉寺。
…って、私ばか?。
上杉神社で力尽きたのか、これ以降まったく写真を撮ってません。
それに気づいたのは、帰りの新幹線の中…orz。

こちらでは、兼続お船夫妻の墓所がメインですが、
それよりも手前にあった吉江殿の御墓の方に、心奪われる私。
だって、大河でのあの魚津城の最期は忘れられないですよ。
景虎様の最期が(彼岸花とか)余計な演出で泣けなかった分、
魚津落城のシーンは、ぼろ泣きでしたから。

おばかその2。
ふれあし観音の名前の由来は何だとか、親と話してて、
無駄(?)な時間をとってしまいました。
だって、まさかあのお鷹ぽっぽのお店があんなところにあるなんて。
えっと、私はてっきり山門の外の近くにあるんだと思ってたんです。
なので、今回は行けないと完全に諦めてたんです。
それが、まさかの境内にあるなんて…!!。
こんなことなら、さっさと吉江殿のお参り済ませて、こちらに来るんだった(泣)。
もう皆さんバスに向かい始めてます。
それでも、往生際悪く、店を拝見します。
今、予約を受けているのは、謙信公と兼続(愛の前立つき)だそうで、
恐る恐る、「これ以外は…」と訊いてみたら、
即座に「炎の蜃気楼ですか?」と職人さんの応え。
すでに今年は大河の影響で先ほどの2体の予約が多すぎて、
今から予約を受けても、出来上がりが来年になってしまうとの事。
そして、私自身すでにバスの出発時間が迫ってきてて、予約をお願いする時間もなく。
それでも、「折角だから」と、直高お鷹ぽっぽを見せて下さいました。
もちろん予約できなかったのは残念でしたけど、
見ることすらないと諦めていた、直高を見させていただけただけで、
もう嬉しくって、ありがたくって、感動して。
今度は絶対に時間に余裕を持って来ます!!。
本当にご好意をうけさせていただいて、ありがとうございます!!。

…あ、見させていただいて、何なんですが。
直江は見てすぐに「あ、直江だ」と納得いったんですが、
一瞬高耶さんは、「…黄色?」とか思ってしまいました。
そうですよね、虎ですもんね。
黄色ですよね。
私の中での高耶さんのイメージは"白"なもんで、
つい虎も白を想像してました。

案の定、バスに乗り込んだのは私が最後でした。
それでも何とか集合時間には間に合ったので、問題はなしかと。

この後、バスは直江石堤と宮坂考古館(前田慶次郎関係)へ。
でも先ほどのお鷹ぽっぽショックで、これらの記憶がほとんどありません。
まぁ、自分的にはそんなに困らないから、OKでしょう(苦笑)。

もう一度上杉城址へ戻り、本日のボランティアガイドさんとお別れし、
帰りの新幹線駅、福島駅へ向かいます。
…って、今渡ったのは松川ですか?
ということは、ここであの川中島合戦が催されるんですか?
あぅ…もっとちゃんと見ておくんだった。

帰りの新幹線は、MAXやまびこ号の1階シートです。
窓の外に風景なんて望めません。
MP3に入れたミラCDを聴きながら、帰途につきます。

初めての越後~米沢。
行くことができて本当によかったと思う反面、
また行きたい、行かなきゃという次への欲がどんどん沸いていきます。
そして、どんどん深みに嵌っていく。
数年前までは、ライブで地方遠征してましたが、
結局はメインがライブですので、その近辺の観光もそこそこ。
ライブ自体は楽しいし、好きなボーカルに会えるのも嬉しいんだけど、
今にして思うと、ただそれだけだった気がする。
それを全否定するわけじゃないけど(それは過去の自分を否定することになるし)、
そこに行って何かを自分の中に持ち帰ってくることができる。
それが、ライブ遠征と、ミラツアーの違いだと思う。

高耶さん、直江をはじめとするキャラクター達。
心引きずられるストーリーや思いに出会えただけでなく、
こんな風な旅の楽しみ方、感じ方を教えてくれた桑原先生とミラージュに、
改めて感謝を。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


05
28
29
30
31

◇366日の花個紋

◇カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )