FC2ブログ


2012.02.10-11.奈良&大阪Part2

2012.02.22*Wed*
1週間ぶりの続きでございます。

初日編が、これで終わります。
2日目編もぼちぼち書いておりますが、
早いとこしないと、記憶がヤバいです。

それでは、
↓続きを読む↓からご覧ください。


天理より近鉄線。
大阪に向かうには、西大寺で乗換ですが、
いや~、ここのエキナカってば空きっ腹には危険です。
甘く美味しそうな香りが充満してて、
ついつい足がそちらに引っ張られそうになってしまいます。
えー、まだこの時点(15時前)で、ご飯食べてません。

でも、ここで立ち寄りしてたら、この後の時間がなくなる~っ
…ということで、心の中で指をくわえて、大阪行きの電車に乗り込みます。

日本橋駅にて下車。
ここからは地下鉄なんですが、その前に。

よーやっとご飯食べますっ(勝手に食べなさい)。

某ボーカルオタ時代、
大阪にはたいてい年2回訪れておりまして、
その時の行きつけ…というか、まぁ、ラーメン屋さんなんですけどね。
多岐の好きな味だし、一人でも入りやすいし、
梅田にも難波にもあるし、かなり重宝させて頂いておりました。
でも、どうやら久しぶりすぎて記憶の中で旨みが凝縮されていたらしいです。
あれ?こんなんだったけ…とちょっぴり拍子抜け。

でも、これでようやくお腹も満たされましたので、
いざCHツアーへ参ります。

DSCF179001.jpg
石動が金田のニセ亡霊に追われて、降りたのが此処。
多分、その後のルート的にもこの出口だと思うんですけど、違うかな。

…っていうか、
多岐自身、この辺りって来るの初めてなんですよ。
原作にある信号を探して歩き出したんですけど、どうやら行き過ぎたらしく、
気がついたら、まったく見当違いのところまで行ってしまい、
携帯GPS地図でわたわたとルート修正。
のっけから、予想外の時間ロス…あうっ。

DSCF179501.jpg
うわっうわっうわーーーーぁっ!!!
本物だ、ホントの本当に、此処だぁ…っ。
漫画というツールならではの感動が、目の前にあります。
これは文字だけでは絶対に味わえないのではないでしょうか。

DSCF179701.jpg
んでもって、あの辺で頼廉たちが悪巧みしてて。

DSCF179401.jpg
屑入れ撮ったり、壁撮ったり。
端から見たら、奇妙だろうなぁ…。
とか、何を今更。
奇行に及んでるのは今回だけじゃないだろ。

本当はここから歩いて天下茶屋駅まで行くつもりだったんですが、
先ほどのプチ迷子のせいで、次に移動しないと無理っぽいです。

地下鉄を乗り継いで、
次に向かうのは、ラストバトルの南港です。

DSCF180301.jpg
んがっ!
ここでCHツアー最大のピンチです。
ざっくり「南港」ってだけで来てしまいましたが、
南港大橋の近くで波止場でコンテナがいっぱいあって・・・って、どこーっ??
気がつけば、近くどころか橋渡っちゃってます。
橋の上からぐるりと見渡しても、それらしき現場は見当たりません。

DSCF180201.jpg
…とりあえず、夕焼けはきれいでしたよ。
うん。

後ほどお話伺ったところ、
関西お住まいの皆様ですら、場所を特定できないとのこと。
うあぁぁ…そりゃ、30分やそこらで見つかるわけないやぁ。

こんなことなら、南港は諦めて、
さくさく次に進めばよかった…と思っても、時既に遅し。
時計を見やれば、17時を廻っております。
今宵のメインイベントの待ち合わせまであと2時間。
それまでに残り2ヶ所、廻れるか!?
いや、是が非でも廻りますよ、えー、絶対に。

地下鉄北浜駅から中之島公園へ。

DSCF180601.jpg
ぅきゃ~っ。
またしても多岐の目の前に、原作と同じ光景が…。
バラ園の向こうに立つビルも、
ゆるくカーブを描く高速も、まったくおんなじです。

DSCF180401.jpg
この辺りで、石動の拳をかわし、
この辺りで、ちょっぴり仲良しになって。

DSCF181001.jpg
そして、この欄干に高耶さんは凭れたわけで。
ちょっとだけ豪奢な、でもそっけない石なはずなのに、
そう思うだけで、なんだか愛おしいというか…思わずなでなで。

残すは、直江vs頼竜の現場でございます。
せっかく地下鉄1日乗車券買ったけど、時間の方がもったいない。
タクシー拾います。
「とにかく一番早いルートで行ってくださいっ!!」
梅田駅抜けるときだけちょっと渋滞にあたりましたが、
裏道や抜け道をご存知な運転手様で大変助かりました。

DSCF181401.jpg
タクシーを降りたのがスカイビルの裏手でして、
既にとっぷり日も暮れてよく周りがわからないし、木々もあるし、
ここでバトル会場あってるのかなぁ…と、上を見上げていたら、
何かが足にぶつかったので、今度は下を見下ろしたら。

DSCF181601.jpg
DSCF181901.jpg
にゃんこが多岐に体当たりしておりました。
ほどよくお肉のついた、にゃんこと呼ぶには大きそうな猫。
妙に人懐っこくて、多岐の足元にずっとじゃれついてきてくれます。
多岐がふいと方向転換して距離が開くと、
タタタッドーン!とまた体当たりしてくる。
時間がないのに、つい暫く遊んでしまいました。

DSCF182601.jpg
名残惜しみながら、にゃんことお別れして、
再び頭上を見上げます。
紫がかったライティングが、サイキックアクション(笑)っぽいです。

表側に廻って。

DSCF182701.jpg
直江が戦ってたのは、多分この辺り。
画で見るよりも、もっと鬱蒼として、ちょっと狭い感じがいたしました。

DSCF182301.jpg
庭園に面した、ホテルレストラン。
よりによって、この店名…。
一面ガラス張りで、爽やかに朝食したりするのにピッタリでしょうけど、
若干一名は、消化不良起こしそう(何を今更)。

…つくづく勿体無いことしてるよなぁ。

DSCF183301.jpg
原作が1995年。
んでもって、その翌年96年…多岐ここ泊まってますってば。
勿論、読んでましたよ。
ただし…本当に「ただ」読んでただけ。
ミラツアという考えも頭になく、ボーカルオタに熱が入ってた頃でして。
ライブ観て、出待ちして、オタ友たちと宴会して、
結局、寝るだけの為にしか利用いたしませんでした。
えー、ミラ抜きにしても、勿体無いことしております。
でも、ガラス張りのバスルームに感動したのだけは、覚えてる。
きっと、誰かさんが此処を手配したのも、それが決め手と思われ。
(消化不良どころか、胃に穴開くぞ)

っていうかっ!
帰ってきてから撮ってきた写真チェックしたら、
スカイビルもホテルも、まともに撮れてるのがありませんっ。
なんだかどれもブレたり、
フラッシュで明るすぎたり、逆にフラッシュなしで真っ暗だったり。
これは、直江…というより、一向宗の仕業か?
いやいや、単に時間がないーっと、せっかちした自分のせいですね、はい。

でもでも。
もちょっと時間があれば、
ウィンダムをどこに路上駐車したのかとか、
高耶さんがバイクを拝借した自販機とか探したかったなぁ…。

と、後ろ髪ひかれつつ、なんばへ戻ります。

DSCF183701.jpg
大阪CHツアー、最後に最初のシーンへ。
これがぐにっと動き出したらそりゃ怖いですよ。
っていうか、この笑顔自体が、何を考えてるのかわからなくて怖いっ。

や、でも。
この原色まみれの色鮮やかなネオン。
大阪ーって感じだわぁ。
あと、大阪に来たと実感したのが、駅のエスカレータ。
思わず左側で立ち止まろうとして、おっとぉ違う、右に寄らなきゃいけなかった。
でも、翌日室生寺の近くで食べたおうどんは、
お出汁じゃなくてお醤油仕立てでございました(おやぁ?)。

石動がバイトしてたとことは違いますが、
相変わらずすっごい人のパワーを感じるひっかけ橋近くのカラオケ店にて、
ミラジェンヌ様お三方と合流。
お待ちかねのミラカラ大会の始まりでございます!!。

DSCF183901.jpg
載ってるミラソン、片っ端から登録して。
や、皆様すごい!キャシーさんの英詞も歌えちゃう。
多岐は基本、通勤時の睡眠学習なので音はまだしも歌詞が全く空耳アワー。
今更に「あ、こんなこと歌ってたんだ」とか「ええっそうだったんだ」とか、
へーほー感心しながら、それでもマイクは握っておりました。

えーもう、大変楽しく歌わせていただきました。
ソロ曲は勿論(ダス・クロイツを自分が歌う日が来るとは思わなかった…)、
直高も、s様にご一緒していただき(すいません、半ば強制してました)。
約3時間。
それはもう、幸せなひと時でございました。

ご一緒して下さいました、皆様。
本当にありがとうございました!!。
この3時間だけでも、この旅行ってよかったなと、思っております。

日付が変わるまで、もうあと1時間を切っております。
いくらレイトチェックインで予約入れてるとはいえ、遅くてすいません。
とか思ったら。

DSCF184301.jpg
DSCF184501.jpg
ホテルの部屋割りの都合にて、ツインルームでございます。
しかも、あの「許してください―」の現場と階違い。
ちーたか萌えしながら、直高にも浸れちゃう。
Fホテル様、もしかして多岐がミラツアに来てたのバレバレっすか?

電車乗って自転車漕いで歩いて歌って。
充実した一日を満喫いたしました。

明日は、神紋ツアー&二月堂でございます。
それでは、おやすみなさいませ。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


06
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )