FC2ブログ


2012.02.10-11.奈良&大阪Part4

2012.02.28*Tue*
いよいよ奈良・大阪ツア最終回です。
多岐の大失態と、思わず耳に入ってきた車内放送にて、
予定外の行動、でも実はタナボタ?な結果に…。

それでは、もうしばらくだけお付き合いくださいませ。


時刻表通り(多岐脳内時計からはずれまくりの)バスにて室生口駅へ到着。
今度こそ某NA○ITIMEルートで支障がないか、何度もチェックして、
結局、桜井からJRにて奈良へ戻る事に。

…と、やっぱりなんだかんだ言って、
昨日の疲れが残ってたんでしょーね。
心地よい電車の揺れに、ついうとうと…。
気づいたら、無情にも桜井駅にてドアが閉まろうとしております。
ん~ここどこぉ…などと寝ぼけて廻り見渡してたのが一気に目ぇ覚めましたよ、えー。
頭の中じゃ、きゃー降りますっ!と焦ってるのに、身体がおっつきゃしない。
無情にもドアが閉まり、浮かしかけた腰がまた長椅子にドッサリ。
ぅわ~、どうしよヤバくね、自分。
焦りながらも、指は携帯、またしてもルート検索再確認っ。
や、文明の利器大活躍(たとえそれがアバウトでもね)。

次の大和八木からだと引き返すよりも、近鉄乗り継ぎの方が早いっぽいです。

さすがに、二度寝はいたしませんでした。

無事、次の電車に乗り換えて、あとは目指すは西大寺経由で奈良っ。

…とか思ったら。

次々と、駅へ着く前に流れる車内アナウンス。
「次は、近鉄郡山~」
…ん、こおりやま?
郡山って、あの郡山城のあったところ?
ってか、『まほろば…』の最後の決戦場所?
きゃーっ、降りる降りる降りまーす!!。

DSCF189501.jpg
…という事で、全くアウトオブ眼中だった(をいっ)ミラスポ。
ただ今の時刻、15:30になろうとしております。
これから城跡廻って、また電車乗って…も、奈良に着くのは16時をとうに回った時間。
あぁ…これで今回も戒壇院の閉門時間に間に合わないのが決定いたしました。

でも、
ミラスポと神紋観光と、どっちを選ぶと言ったら、
そりゃ、当然…ってな事でしょう。

DSCF189601.jpg
「堀のまわりには高い石垣がそびえ」「近くに線路が走っている」
この辺りなのかなぁ…。
駅から一番近い外堀沿いに歩きだしてしまい、
またしても、最初迷子になりまして…。
郡山高校をぐるっと回って、此処に辿りついた次第。

DSCF189701.jpg
今度は、反対側から。
民家の向こうに、電車の架線があるのがおわかりでしょうか。

あ。
それと、
今、多岐が背にしてるとこ(ちょこっと石垣写ってますが)、
此方、「毘沙門曲輪」と言うそうです。
まぁ、なんて素敵な響き…っ。

でも、これで『まほろば…』は、ほぼコンプリできたのかな。
きゃーい、やったーい!!。

…と喜び勇んで、さぁ奈良駅へ戻ります。

既に戒壇院は間に合いませんが、
残照を確かめる前に、あとどーしても行きたいところが。
えー、まぁ、ミラとは全然関係なんですけど、
どーしても気になったというか欲しいのがありまして。
持ってる地図だと、ちょっと分かりづらいし、
駅から歩くにも、微妙に距離があるし、
でも住所は分かるし。
んでもって、どうやら昨夜の大阪で味をしめたらしいです。
迷うことなく、タクシー乗り場へ。

DSCF194701.jpg
砂糖傳増尾商店様の御門米飴。
水飴好きには、たまらない一品でございます。
ただ甘いだけじゃないです。
昔懐かしいというか、のどにやさしい味。
きっと、高耶さんもお気に召して下さると思われ。
ただし、某狂犬様に見せたら別の使い方される可能性がありますので、
くれぐれも内緒で味わってね。

此処までタクシーで来て、さて料金支払おうとしたら、
「帰りどうされます?」
…はた。
いくつも路地曲がったよな、さっきも迷子になったよな。
一度自力で行った事がある場所なら迷わないんですけど、
なにせ乗ってきたのは地元道を得意とされるタクシー殿。
結局、買い物終えるまで待ってて頂いて、
更に、二月堂手前まで行って頂く事にいたしました。

DSCF190001.jpg
大仏殿の脇にて車を降ります。
運転手様には、もっと上まで車で入れるけど、言われましたけど、
いいんです。
此処から歩いて行くことに意義があるんです。

DSCF190201.jpg
まだ修繕中の三月堂を過ぎ、
ようやく、今回の旅の終点、二月堂へ。

DSCF190401.jpg
17:30。
まだ、空も薄明るいです。
っていうか、雲邪魔~っ。

DSCF191401.jpg
約15分後。
絶対にっ、多岐の邪魔して楽しんでるよね、そうでしょ。

DSCF191701.jpg
更に5分後。
たった5分で、一気に暗くなってまいりました。
っていうか、雲っ、お願いだから、ちょっとだけ退いてて~っ。

DSCF192501.jpg
粘る事、10分、18:00になりました。
とうとうタイムリミットでございます。
もう戻らないと、新幹線に間に合いませんっ。

雪と雲。
不可抗力だと分かっていても、
やっぱり、口惜しい、残念、あ~んっな気持ちでございます。
あ、それとですね。
今日は、多岐以外にも観光客らしき方が多く、
じっくりどっぷり直高に浸るにはちょっと無理がございました。
や、何、いつの間に残照ブームが!?ってな感じでございます。

DSCF193601.jpg
土塀の坂道。
直江はおりて、連城はあがっていきました。
(この二人、並べて書くと怖いよなぁ…。)

ホテルに戻り、
預かって頂いた荷物を拾って、
行きとは逆に、近鉄線にて京都へ向かいます。

さんざ乗換案内や地図検索をしたせいで、
携帯のバッテリーが瀕死の状態。
待合室のLANスポットにて充電して、新幹線を待ちます。
ついでに、待ってる間に、
近くにあった5○1で買った、豚まんで夕飯済ませます。

あぁ…これで大阪心残りは、自○軒のカレーだけだったなぁ…。

DSCF193901.jpg
あっという間に、新横浜に到着。
あ~ぁ、着いちゃった。

此処から在来線を乗り継ぎ、
自宅へ辿りついたのは、日付が変わる5分前。
前日、家を出たのが6時ですから、42時間が経過いたしました。

まぁ、時間ロスなどもいくつかありましたが、
充分満足にお釣りがくるくらい充実した旅でございました。
とにかく、自分が行きたいとこに行きたいように行けましたし。
その分、迷子率高かったのが問題点ではございますが。

次回のミラツアの際には、
もっと事前に入念に地図を確認して、
迷ったら、すぐにタクる(やっぱり味占めたか…)事にいたします。

今度は、桜の頃に訪れたいと思いますが、
さすがに今年、来年…は無理かな。
っていうか、まだまだ未踏のミラスポはたんまりありますので、
まずは、其方にお伺いをしたいな、と。

今行きたいのは、熊本ですかね。
阿蘇は、じっくり時間を取りたいので別プランにするとして、
熊本&長崎セットにすれば、
朝一の飛行機で行って、最終便で帰ってすれば、
1泊で行かれないかな、とか。
甘いです…か?


最後になりましたが、
この旅も、自己満足な旅にお付き合い頂きまして、
誠にありがとうございました。
リアルに、大阪ナイトをご一緒くださいましたお三方にも、
改めまして、感謝申し上げます。


COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )