FC2ブログ


2012.08.04夏in江の島

2012.08.05*Sun*
実際の職場の夏休みは来週ですが、
一足先に、夏を満喫して参りました。

うん、だって。
きっと世間的にも来週が夏休みというトコが多いと思われ。
そうしたら、人出もわんさかになるでしょうし、
五輪観戦で夜更かしされてて、お昼寝されてる方もいるでしょうし。
何にせよ、今週が穴場かな、と。

ただ、
今回は、ミラツアではございません。
それでも、やっぱり何かの折にふれては、
心の中で、ミラ煩悩スイッチが入ったりするんですけどね。

そんな感じで。
よろしければ、↓"READ MORE"  からご覧ください。



今の住まいからだと、
江の島行くには車よりも電車の方がよほど便がよかったりします。
ホントは、海岸線を車でガーッと走るの好きなんですけどね。
…って、きっと多分渋滞してるから、ガーッは無理なんだろうけど。

DSCF212201.jpg
そんなわけでの、竜宮城チックな片瀬江ノ島駅に降り立ちます。
やあ、人がいるよ!(笑)。
写真だとそんなに感じませんけど(っていうか、人気が引いてから撮ったし)、
引っ切り無しに改札から夏仕様の格好した人が出て参ります。
んでもって、ロータリーの向かいには、
浮輪やビーサン、麦わら帽子などを売ってるお店が開いてたり。

おーっ、夏だぁ。

とか、江の島に来て言うセリフじゃないよな。
でも実際、ここ最近江の島というのは冬に来るトコ気分でしたので。
歩道越しに片瀬海岸に海の家とかビーチパラソルとかが見えたり、
あちこちサーフボード抱えてる男の子や、
今年はちょっとおとなしめ?的なビキニの女の子や、
なんかもう、久しぶりにまともに夏の風景を生で見た気がしたわけで。
…季節感を肌で感じるって大切よね。

本日は、高耶さん&綾ちゃんがインタビューした渡船は運休。
夏の土曜日なんて利用客多くて稼ぎ時だと思うんですけど、
海上に一般のボートとかサーファーとかがいて、
渡航ルートが邪魔されちゃうとかあるのかもしれないですね。

ただ、この時点で、本日岩屋まで行くのは断念いたしました。
真夏にあの山坂登ったり降りたりするだけの体力はございません。
それに、稚児ヶ淵も絶対に人・人・人で、ミラ気分には浸れませんから。

DSCF212601.jpg
お目当てのお店はヨットハーバーのそば。
や、別に少しでもミラスポットの近くに行こうと思ったわけじゃなくって、
以前に来て美味しかったから、ココにしたんであって。
そりゃ、あわよくば…な気持ちは否定いたしませんが。
桟橋(センタープロムナード言うんですね)の真ん中あたり。
東京五輪の記念碑が立っております。
48年前といえば、多岐兄が生まれた年でございます。

DSCF212901.jpg
灯台の真下も、かなりの人がいます。
んでもって、海上にも海坊主ならぬヨットがあちこちに浮かんでおります。

それにしても、
本日は微妙に曇っていて、
日傘を差そうか差すまいかってな感じでございます。
それどころか、時々お湿り程度にパラパラと降ってきたり。

TS3M0006.jpg
本日のお昼ごはんは、こちら。
「磯料理 きむら」さんです。
昔ながらといった風情で、ゆっくりと食事が楽しめます。
なんか、子供の頃家族で行った民宿とか、
そう言ったのを思い出す感じ。

あ、写真は前回訪れた時のを流用しております。
ちょうどお店着いた時に、バーッと降ってきてそれどころじゃなかったんだな。

DSCF213101.jpg
2階の窓際の席にて、メニュー注文して、
まずはビールで乾杯。
昼間っから、ビール!!。
や、もう、これは車で来たら絶対に出来ないですから。

んでもって、
多岐はこの後、山形の地酒もいただきました。
昼間からお酒。
なんだか、自分がものすごい大人になった気分(をいっ)。

DSCF213401.jpg
来ました、焼きはまぐり。
本当は6こ入りなんだそうですけど、
本日は小ぶりな為、10こ入っております。
や、もう、マジで甘いです、美味いです。
貝にかかったお醤油も、エキスが混じってて、
塩分なんて気にしてられるかっ!ってな感じで啜ってしまいます。

DSCF213601.jpg
ちょうどはまぐりが食べ終わる頃、
いよいよメインディッシュの登場でございます。

釜揚げシラスと生シラスのハーフ丼と、金目鯛の煮付け。
どんぶりのご飯の量も相当ありますが、
その一口ひとくちに必ずこれでもかとシラスが乗っかる。
まぁ、もう、ボリューミィ。
さすがの多岐も、最後ご飯(だけ)残しました。
…多岐のペースを上まる速さで完食した相方、すげーよ。

そして金目鯛。
甘辛いタレがじっくり身に染みてるし、
身自体も柔らかすぎず、締まりすぎずで、食べ応え十分。

や、もう。
たまにはこういう贅沢はするべきだな、と。

1時間以上かけてゆっくりと食べて。
(多岐達以外の席は、既に次のお客に変わってたし)
いつも以上に膨らんだお腹をさすりながら、
では、腹ごなしに参拝に参りましょうか。


DSCF213801.jpg
人もいっぱい、お店も活気に溢れた参道。
んでもって、
ところどころに立ってる幟や貼られたポスター。
萌えというか、アニメもので。
あぁ、そういえばなんか江の島舞台にしたのがあるとか、
訊いた事あるなぁ…と思ったら、それとは別のでした。
仲見世のおばちゃん達が、幟を手にして、
「上ってくる時にTA○Iって読めるように」とか言っておりました。

きっと、多岐たちがミラツアするのと同じなのかな。

DSCF214001.jpg
辺津宮の鳥居を上ったあたりで振り返ってみます。
海岸も弁天橋もまだまだ人が減る気配はありません。
それどころか、どんどん増えてきてる気が…。
や、皆様どこからこんなに湧いてくるんだ。

DSCF214101.jpg
辺津宮。
本日のお参りはここまででございますので、
無精してごめんなさいと手を合わせて参りました。

DSCF214201.jpg
高耶さんmeets開崎な社務所前。
参道や参拝列と打って変わって、こちらは閑散としております。
人がいないとほっとするって、何なんでしょ。

…ということで、
ここから戻ります。
んでもって、せっかくだから水族館へ行く事にいたします。

水族館編(というほどのものじゃない)は、また。




COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


10
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

◇366日の花個紋

◇カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )