FC2ブログ


2012.10.08箱根

2012.10.16*Tue*
お宿編に引き続きの本編(笑)でございます。
すでに何度目になるか分からない箱根レポで、
もう書くネタないだろ的な部分も無きにしも非ずではございますが、
まぁ、お時間ございましたら、
↓"READ MORE"  からご覧いただけますよう。


:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

「拍手くださる貴方へ」
心より御礼申し上げます。
大変励みとなり、ありがたく存じます。

拙いながらも、このブログの何か一つでも、
ここに来られた皆様のお心のどこかに触れられたら、幸いです。



DSCF227801.jpg
DSCF228001.jpg
駅へ行く前に、お宿から徒歩で3分。
我らが北条の菩提寺、早雲寺でございます。

こんだけ箱根に何度も来てるのに、
実は、立ち寄るのは初めてだったりいたします。
いつも門前までは来るんですが、町営駐車場が4時間で400円。
申し訳ないですが、ここで4時間を費やすことはないですし、
せめて1時間100円なら躊躇ったりしないんですけどねぇ。

でも、今回ちゃんとお寺専用駐車場があるのを発見!。
そりゃそうだよね、
法事とかお墓参りとか檀家さんだって、車で来られるよね。

…って事で、
今度からは、遠慮なく(?)車で寄らせて頂きます。

DSCF228401.jpg
ご本堂。
何も装飾とかなしで、シンプルイズベスト。
あぁ、これが正しいお寺だよなぁ。
(…つい、我が家の氏寺と比べてしまうクセが)

DSCF228301.jpg
ご本堂の前庭。
無駄に広い…とか言ったら罰あたりますか。
でも、ここに北条一族皆揃いで早雲公の法要とかしてたんですよね。
氏照兄とか、小太郎とかもこの地に立ったのかと思うと、感慨深いです。

DSCF228701.jpg
幻庵叔父により作られた庭園。
ん~ここは、どの季節に来たら一番綺麗に映えるのかな。

DSCF228801.jpg
この先に、じいじ以下北条5代のお墓がございます。
秀吉による小田原攻めで、一度焼き打ちにあった早雲寺。
その後、氏規の子孫により供養塔が建てられたとの事にて、
5基すべて同じつくりになっております。
右から順番に、
じいじ、じいちゃん、パパ、兄上、甥っ子(無礼な呼び方だな、をいっ)。
センターが氏康パパなのが、ちょっと嬉しい。

お宿に戻って、送迎バスにて湯本駅へ。
荷物をロッカーと手荷物預かり所へ預けて、
さぁ、フリーパス買うぞー!!

…って、ここで箱根合戦のとばっちりを喰う羽目に。

箱根に来たら、フリーパスが便利ですが、
このフリーパス、小田急(箱根登山)と西武(伊豆箱根)の2社から発券されております。
ここで注意したいのが、箱根をどのように廻るか、どこに行きたいか。
それによって買う切符も変わってきます。
強羅や仙石原、海賊船だって楽しみたいわ…なら小田急。
『覇者の魔鏡』での直江ルート&直高スポットだけなら、西武の切符をご購入ください。
そして、相手会社の切符ではバスも遊覧船もロープウェイも乗れません(←ここ大事)。
っていうか、切符見せた途端、運転手さんに断固拒否されます。
えー、西武切符(旅助け)買う場所訊くのに、小田○トラベル行ったらだけで、
ものすっごくイヤな顔されましたからっ。

ちなみに、旧道を走るのが箱根登山バスだったせいか、
お宿にて貰えたのは、小田急系のチラシだけでした。
っていうか、フロントの方、もう少し箱根ルート覚えて下さい。
どこでどう乗り換えてどう行くか、お客(多岐)の方が詳しいって、如何なものかと。

DSCF229301.jpg
ライオンマークのバスに乗り、直江ルートでまずは箱根神社へ。
最終日とはいえ連休の好天ともなれば、参拝客もいつもよりも多いです。
武道場では、弓道の練習をされておりました。

参拝済ませて、まっすぐ下におりて平和鳥居へ。
引き潮の時間だったのでしょうか、桟橋(なのか)が先まで全て見えてます。
ここも人がいっぱいです。
振り向いたら氏照兄(コタ付き)ごっこができる気配はありません。

DSC_006701_20121014184702.jpg
DSCF229401.jpg
湖畔を歩いてたら、にゃんこ発見。
最初は、奥の茶色のコだけだったんですが、このコが人懐っこいんだか警戒心強いんだか。
カメラを向けると微妙に距離をとって、威嚇(これがまた可愛い)。
そして、こっちを誘うようにして動いては、また威嚇(だから、可愛いんだって)。
そうこうしてるうちに、手前の黒ネコちゃんと合流。
黒ネコちゃんの方が幼いのか、やや警戒心は薄い感じで、カメラ目線も頂きます。

元箱根港に着くと、タイミング良く遊覧船の出発時間。

DSCF229901.jpg
船の上から、箱根神社を望みます。
んー、これは車で来たら、まず拝めないアングルでございます。

DSCF230301.jpg
多岐達が乗っているのは、箱根園行きのシンプルな双胴船。
そして、此方に向かってやってくるのは、桃源台行の海賊船。
っていうか、あっち乗船率高っ。

DSCF230501.jpg
龍宮殿越しの駒ケ岳。
湖の上は風があり心地よいし、空は綺麗な青だし。

…って。
あーっ!!ここってば湖の上なのよ、湖上なのよ。
がっちり直高スポットじゃないですかっ!。
周囲の風景に気をとられて、湖心の抱擁地点の確認するの忘れたぁorz。

箱根園にて船を降り、
ミラスポットである九頭龍神社へはここから徒歩で参ります。

いつも思うけど、ここから神社ってば結構な距離。
最初のうちは、ミラ話とかしてても、だんだんと減っていく口数。
途中追い抜かれるレンタサイクルを羨ましくも思いながら、
えっちらおっちら、ミラツア必須の体力勝負。

DSCF230801.jpg
九頭龍神社の桟橋。
二人を乗せたボートが寄せられたのはここだと思うんですけど、違うかなぁ。
原作だと、「古ぼけた木の桟橋」になってるんですけど、
途中、他に桟橋らしきものはないんですよね(九頭龍の森入口の方かなぁ…)。

DSCF230901.jpg
箱根神社のパパも大賑わいで頑張ってられましたが、
こちらのパパも今日はお水をいっぱい吐き出しております。
えー、なんにもない平日だと水出てませんから。

九頭龍神社への食べ物のお供えは固くお断りしております。
なぜなら、高坂もといカラスが荒らしてしまうからです。

箱根園に戻って、
昨日からちょっと贅沢もしたし食べ過ぎたしで、
出来たてパンで軽くお昼を済ませたら、
今度は、ロープウェイで駒ヶ岳へ登ります。

DSCF231201.jpg
きゃー!何コレ、何この見晴らしの良さ、凄すぎます!!。
過去何度か登った駒ヶ岳。
ここまでくっきりはっきりのお天気はございませんでした。

DSCF231401.jpg
ちょっと微妙にずれてますが、芦ノ湖全景。
小田原の海は当然ですが、箱根&伊豆を挟んで駿河湾も見えます。

DSCF231601.jpg
ホントに、こんなに清々しい山頂は初めてです。
鳥居や社殿の赤も目に鮮やか。

DSCF232001.jpg
雲の上の富士山に、その麓に広がる富士演習場。

自称「ミラツア晴れ女」ですが、
ここんとこ個人(ミラ以外)で出掛けての傘使用率が高かったので、
今回もちょっと自信がなかったんですよね。
実際に、前日(スパーク)は朝雨降ってましたし。
でも、今日のこのお天気は、
まだまだ多岐に頑張ってミラツア続けなさい、と箱根権現が励まして下さってるみたい。

っていうか、すごぶる快晴はいいけれど、
風が強くって冷たくって、寒いよっ。
…きっと、これがこの後の風邪っぴきのキッカケかと思われ。

ロープウェイを降り、ここからバスにて湯本駅へ戻ります。
行きは、国道1号線(駅伝コース)でしたが、
帰りは、新道もちろん、高耶さん先導の直高ルートでございます。

で、ここで軽く誤算。
新道といえば、昨年夏から無料開放されたノンストップコースでございます。
多少元箱根や関所あたりで渋滞しても、湯本まで30分あれば着くはずです。

…なんで、1時間もかかるんだよー。

渋滞情報チェックしても、特に工事も事故もなく。
どうやら、先頭車両がかたつむり速度だったらしいです。

DSCF232201.jpg
湯本駅着いて、荷物出して電車の時間確認して。
っていうか、小田急フリーパスは自動改札通れないので、
駅員改札が大行列。
なんだかそれ見て釣られたわけじゃないですけど、妙にこちらもバタバタ。
ご同行の皆様には、お土産買う時間も取れずに申し訳ございませんでしたっ。
更に、小田原駅ではA様K様にまっとうなご挨拶もできずに申し訳ございません。

DSCF232301.jpg
Y様を新幹線口までお見送りして、
最後の最後。
小田原だったら、「鳥○ん」か此処ってな事で、
毎度おなじみ駅直結の海鮮茶屋へ。

…って、
小田原丼じゃないと、地魚は食べられないのかーっ!!。
や、美味しいんですけどね。
づけのタレもほんのり甘めで、これだけでご飯食べられそうだし。
鮮魚店直営ですので、何食べてもまずはずれないお店ですけど、
やっぱり一度は小田原丼食べたいよなぁ…。


特急に乗られるS様と各駅停車な多岐は、小田原駅にてお別れでございます。

改めて、
今回生まれて初めてイベントに参加させていただいて、
とても楽しい時間を過ごすことができましたのも、
ひとえに、S様よりスタッフ参加しない?のお声をかけて頂いたからで。
お陰で、より一層ミラを楽しむ秘訣を教えていただいた気がいたします。
えー、もうホントにクセになりそうです。
もし次回参加させていただくなら、
売り子だけでなく買う側としても楽しみたいと思いますので、
今回のアンソロで、サークル様の好きを発掘したり、
今まで以上に、オンラインでもあちこちお邪魔させて頂きたいと思っております。

そして、S様は勿論、
2日間にわたってお付き合いくださいました、M様、Y様、K様、A様。
本当にありがとうございました&お世話になりました。
また次回も是非ご厄介になろうと思っておりますので、
先に御礼申し上げておきます(笑)。

そしてそして。
最後に、ここまでご覧いただきました皆様。
いつもながらの駄文にて大変お目汚しでございました。
相変わらずの文章力&語彙力のなさで、
多岐が実感した感動とか興奮とかを伝えきれないのがもどかしいです。

でも、これに懲りずにお付き合いいただければ、幸いでございます。

DSC_007801.jpg
おまけ
多岐宅へお婿入りして頂いたシロ虎ちゃん。
帰宅早々、荷物も解かず写真撮影しておりました。
なお、現在シロ虎ちゃん専用台を通販にて取り寄せ中。
今週中には、いつでも視界に入る場所に鎮座ましていただく予定でございます。

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by #
2012/10/18(木) 00:03 [Edit
Re: 晴れてますね!
S様

はい、晴れました!。
ここんとこの外出が傘必須状態だったので、
もうこれは晴れ女の称号を返上するようかなぁ…と思っていたのですが、
大逆転の大金星の汚名返上をいたしました!!。

2月にCHツアーで南港からコスモスクエア経由でトラム乗ってた時、
「あぁ、懐かしいなぁ…」と外から小屋を眺めたモノですが、
もうあれもなくなっちゃったんですねぇ。
なんとなく好きな会場だっただけに残念です。

もし箱根に来られる時はお声くださいませ。
是非とも時間合わせてご一緒させていただきます!!
by 多岐美影 #-
2012/10/22(月) 20:28 [Edit
Re: Re: 晴れてますね!
> 大逆転の大金星の汚名返上をいたしました!!。

汚名返上じゃなくって、
この場合、名誉挽回or失地回復が正しいと思われ。

やぁ、日本語って難しいですね。
(単に、多岐が言葉知らずなだけ~)
by 多岐美影 #-
2012/10/22(月) 22:23 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


09
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )