FC2ブログ


2012-2013年末年始(初日の出編)

2013.01.05*Sat*
連休初日に借りてきてた「SP」劇場版3本。
すっかり観るのを忘れてて、返却日な今日一気に観ました。
面白かったけど、眼がしょぼしょぼしてきた~っ。

ってな事で。
目にも鮮やかだった初日の出編でございます。
よろしければ、↓"READ MORE"  からご覧ください。

4時過ぎに目が覚めて、ふと道路を見やれば、
記憶が途切れる前には延々と続いていた渋滞も解消。
駐車場もだいぶ空白が出来ております。
さて、では、駒ヶ岳へ移動いたします。

DSC_023201.jpg
箱根園手前でなんか渋滞してるなぁ…と思ったら、
5時ちょっと過ぎで、すでにこんだけの人が並んでおります。
寒いですっ。
神社にいた頃は、思ったよりも寒くなく、
手袋しなくても全然大丈夫だったのに、
ここは、とにかくひたすら寒いですっ。

DSC_023501.jpg
6時前に頂上駅到着。
駅舎内、大混雑。
寒いですから、皆様ギリギリまで外出たくねーってな事でしょうか。

DSC_023801.jpg
11月のトワイライトツアー時よりも、小田原の夜景がくっきりはっきり。
寒いけどっ!。
でも、風があるせいで空気が澄んでて、視界はすごぶる良好。
江の島はもちろんのことながら、
東京タワーも、スカイツリーも見えます。
更に、スカイツリーの向こうに筑波山の稜線も確認できます。

ミラハロ翌日も、宮司さん曰くの「珍しいくらいの快晴」でしたが、
昼夜の違いはあれど、それ以上に晴れております。

…えー、日の出方向の東の空にだけ雲ありますけどぉ。

ここからは、約5分おきに撮ってみました。

DSC_024401.jpg
DSC_024501.jpg
DSC_024801.jpg
DSC_025001.jpg
DSC_025301.jpg
DSC_025801.jpg
DSC_026001.jpg
DSC_026101.jpg
DSC_026201.jpg
DSC_026301.jpg


ホントの本っ当に、日が昇るその周りにだけ雲がかかってて、
しかも日が昇るのにあわせるように、薄雲が上に広がっていって。
それでも、その合間から、燦然と輝く初日の出を拝む事ができました。

DSCF248901.jpg
ここまで来ましたので、当然元宮にもお参りに行って参ります。
到着した時には暗くてよく見えてませんでしたけど、
足元ってば、霜柱だらけです。
歩くとシャリシャリ言います。
ブーツの中にもカイロ入れてますけど、あんまり効果ありませんっ。

DSCF249101.jpg
元宮越しの初日(というか夜明け?)。

DSCF249301.jpg
朝焼けに染まる富士山。
(霜の降りた低木もオプションにしてみました)

DSCF250201.jpg
寒風吹き荒む中、帰りのロープウェイ待ちはかなりの忍耐モノです。
そんな中で約30分も待ってれば、すっかり空も明るくなって。
やぁ、パラグライダーで飛んだら気持ちいいに違いないってな感じです。

DSCF250701.jpg
下山しても、まだ太陽は雲と戯れていらっしゃいました。
なんだろ、雲の流れは速いんですけど、
でも、どーしても太陽の周りだけ雲が切れないんですよ。

理想的な…とはいかないものの、
それでも、ちゃんとその形を確認する事ができた初日の出。
100%満足できなくても、充分満たされる納得できる。
そんな1年になりますように。


歴史に触れよう編へ続く

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


10

◇366日の花個紋

◇カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )