FC2ブログ


2012-2013年末年始(歴史に触れよう編)

2013.01.06*Sun*
9連休もあったのに、
もうあと数時間で終わっちゃいますよ。
はふぅ…あっという間だなぁ。

結局、箱根以外はほぼ引きこもりで終わりました。
っていうか、
やっぱり寒すぎましたよ、箱根権現はっ。
微妙に熱ある?ってな感じで後半は過ぎていきました。

それでも、なんとかちゃんと休みの間にレポは終わらせておかないと、
仕事始ってからじゃ、またどうなるか分かりませんから。

ってなわけで。
新年早々、北条ゆかりの場所(っていうのかなぁ)にも寄ってまいりました。
よろしければ、↓"READ MORE"  からご覧ください。


昨年は初日の出が不発に終わったせいもあり、
このまま帰宅したのですが、
今年はいい感じに初光を拝む事ができて、ちょっとテンションあがってる?
ってな事で、このままちょいと寄り道をしてみます。

DSCF251101.jpg
はい、言わずと知れた北条菩提寺、早雲寺でございます。
先日の陰干し御開帳が年唯一とは伺っておりましたが、
元旦でも例にもれず、ピシリとご本堂は勿論、庫裏の扉は閉められておりました。

特別拝観の時に係のおっちゃまが、
ご住職のことを「ものぐさ」呼ばわりしてたんですけど、
果たして、除夜の鐘はちゃんと108、数減らすことなく打たれたのでしょうか。

でも、
北条5代のお墓には、ちっちゃいながらも鏡餅が飾られておりました。
パパやじいじ達も、お正月気分を少しでも味わってるのかな。


さて。
箱根にはもう数えられないほど来てますが、
それでもまだ行った事がない場所がございまして。
一度は行ってみたいと思いながらも、
北条びいきの人間としては、ちょっと躊躇する場所でもありまして。

でも、お天気いいし、お正月だし。
一度くらい行っとこうぜ…ってな事で、
箱根板橋の信号を右折して、ターンパイクの手前を左に曲がって。
延々みかん畑な山を登って。

DSCF251401.jpg
到着いたしました。
我らが北条の最後の矜持を折ったトドメ。
豊臣軍が本陣、石垣山でございます。


DSCF251501.jpg
400年前に積まれたであろう石(この大きさは岩だよなぁ)が、
そのまま残った状態で、普通に登城ルートになっております。

DSCF251601.jpg
や、さすがにあっち登るのは正月早々勘弁~ってな事で、
(帰りは下ってきましてけど)
ちゃんと整備された歩道にて二の丸跡へ。

DSCF251701.jpg
二の丸(馬屋曲輪)。
とにかく広いです、だだっ広いです。
山城ということもあり、八王子城の城跡を思い出させます。

DSCF252101.jpg
二の丸から北に少し移動した谷底(?)にあるのが、
あの淀殿が使われたといわれる化粧井戸でございます。
これが、瑞渓院が使われたとか言うのなら、
近くまで降りて、谷底を確認しようとも思うのですが、
淀殿じゃ、そこまでの体力熱情はなく、デジカメズームで済ませてしまいました。

DSCF252401.jpg
二の丸の端っこにある展望台から小田原市内。
お城はどこだろう…思ったら、ちゃんと案内プレートがございます。
でもここからはお城を確認できず。

DSCF252701.jpg
更に本丸に向かって行きます。
足場悪いです。
ミラツアではないけれど、北条ゆかりということで、
やっぱり山道悪路は避けられない模様。

DSCF253601.jpg
本丸展望台にも小田原城を示すプレートが。
まぁ、それを見る為に建てられたお城ですからね。

DSCF253401.jpg
デジカメズームじゃこれが限度。
でも分かります?中央やや左の緑の真ん中にお城があります。
当時は今ほど山の木々も背高くなかっただろうし、
城下もごちゃごちゃ建物なかっただろうし。
ただし。
お城自体も、今みたいな天守があったわけじゃないと思われますが。

DSCF254001.jpg
本丸よりも更にひとつこんもりと高い場所が、天守台跡。
木が邪魔してますが、ここからもまっすぐに小田原城下が望めます。

ったく。
圧倒的軍勢差な上に、こんな上から見下ろすような事してくださりやがって。
どんだけ北条方のプレッシャーになったことか…。

しかも、ただ攻め手とするだけの為じゃなく、
二の丸やら化粧井戸やら、南や西や、いくつもの曲輪もあって。
仮初ではなく、本気で本格的な城を築き上げてしまったんですから、
秀吉ってば、やっぱりアナドレないし、器が違ったと言うべきなのでしょうか。

DSCF251301.jpg
さて、ぐるっと石垣山を一周して、駐車場へ戻ってまいりました。
こちらの駐車場には、一軒のお店が建っております。
「一夜城YOROIZUKA FARM」
あの、某ワイン好き女優さんの旦那さまパティシエが運営する、
レストラン兼スイーツショップ兼産地直売所でございます。

もう一昨年になるんですね、秋にオープンして、
出来てたのは知ってたんですけど、
なかなか来るタイミングが掴めず。
(出来た当初は、かなり混んでるとも聞いてたので)
でも、新年しかも元日に来るのは地元人かよっぽどの人だけだろう、
ということで(多岐ってば、よっぽどの人だったのか…)。

たださすがにほぼ完徹して、更に山登り(?)なんかしてしまって、
ここで5000円のランチコース食べても、
きっとちゃんと味わって…なんて無理よね。
ってな事で、実家にお年始土産として、一夜城店限定の「一夜城ロール」を購入。
生クリームがたっぷりなんだけど、これが思ったよりも甘くない。
きっと小田原地区で採れたみかんジャムがアクセントになっているせいかと思われ。
(ぶっちゃけ、小田原みかんはあまり甘くない…)

次回はちゃんとランチして、
更に、その他のスイーツも食べてみたいな、と。

また箱根に来る目的・目標が一つ増えましたよ。


今年は元旦からがっつり晴れ女ぶりを発揮できて、幸先いい感じでございます。
いくつミラゆかりの地へ行けるかな、行きたいな。
そんな野望を胸に、今年も煩悩&妄想の赴くままに過ごしてまいりますので、
皆々様におかれましては、
ご指導ご鞭撻のほど、およびお付き合いいただけますようよろしくお願いいたしますっ!!

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


11
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )