FC2ブログ


2014.07.19.高誕前の箱根旅(あんまりミラってません)

2014.07.21*Mon*
リアタイでつぶやいてたので、どうしよかなと思ったんですが、
久しぶりにデジカメも持って行ったので、
たまには、ちゃんとレポとして纏めようかな、と。

でも、
高誕プレイベントのつもりで行きましたが、
実際のところ、本編で高耶さんってばあまり箱根充してないんですよね。
北条屋敷でずーっと寝てて、
お目覚めは湖上で、
裸足(だよね)で山中歩いたと思ったら、
ウィンダムに箱乗りして下山。

唯一、現場体験できるのが、九頭龍神社ですが行かなかったし・・・。

…ということで。
今回は、ミラツアというよりも、
普通に箱根観光(しかも、ピンポイント)レポでございます。

よろしければ、↓"READ MORE"  からご覧ください。


お天気はどうにもよろしくないとはいえ、
学校的には、夏休み初日で、世間的にも、3連休の初日。
きっと観光客の皆様が大挙して押し寄せて来られると予測し、
早め行動をいたします。

DSCF039901.jpg
ほぼ出勤するのと同じ時間に出発し、小田原に着いたのはほぼ8時。
えーとえーと、登山電車に乗るのって、多分10年以上ぶり?
基本箱根に来る時は、車だし。
(でも、直江ルートは遠回りなのであんまり行かない)

DSCF040101.jpg
湯本あたりはもう終わりかけですが、
大平台まで登ってくると、まだまだ紫陽花が楽しめます。
夜のあじさい電車に乗ってみたいんですが、
アレ、ほぼ毎年即完売になるのよね(特に金土)・・・。

DSCF040501.jpg
宮の下で下車。
TVや雑誌で見て気になってた足湯カフェ。
や、本当に駅出てすぐなのね。
車じゃここまで入ってこないので、どこだろって思ってたんですよ。
でも、まだ9時前じゃ温泉は抜いてありました。

DSC_106601.jpg
バスに乗り換え、10分ちょっと。
本日の自分的メイン会場、箱根ガラスの森に到着でございます。
わぁい、読み通り、まだ観光客の皆様ほとんどいないよぉ。
・・・と思ったら、多岐と前後して団体様がいらっしゃった。

DSC_106701.jpg
ポツポツと降ってきましたが、
園内、傘の貸し出しをしてくださっているので、助かります。
しかも、皆お揃いの白い傘になるので、
自前の色とりどりの傘で園内の雰囲気を崩す事もなく。

DSCF040801.jpg
ところどころ、園内に額縁だけが飾られていて、
自然の絵画を楽しむ事が出来ます。

DSC_106901.jpg
だけど、やっぱりまずは花よりダンゴ(笑)。
今日は雨のせいか、お昼時になってもそんなじゃなかったですが、
場合によると、かなりの行列ができてしまいますので、
空いてる午前中の早い時間がお勧めです。
でも、パスタなどのお食事はモーニングではやってませんのでご注意を。

うん、でもいいの。
多岐のお目当ては、なんといってもフルーツティ。
いつもは誰かしらと一緒に来て、お付き合いしてもらうんですが、
今回はおひとり様。
ダメ元で尋ねたら、「大丈夫ですよ」と。
アプリコットとメープルのクロワッサンと一緒にいただきます。

DSCF041101.jpg
窓際の席で、30分ほどかけてゆったりとブランチ。
あぁ、なんて贅沢。

DSC_107001.jpg
先程の電車からみた紫陽花も綺麗でしたが、
こちらのガラスでできた紫陽花も、雨露に濡れて綺麗です。

DSC_107301.jpg
改めて、展示館に入ると、ちょうど演奏会が始まるところでした。
(写真は終演後、2階から)
クリスタルで奏でる何とかCDとか昔ひと頃流行ったのを思い出しました。
哲ちゃんのとか借りて聴いたなぁ…とか。
でも、キーボードで演るのとは、やっぱり違います(当たり前)。
生のクリスタルグラスの音は、本当に透明で柔らかく優しい音色です。
ガラスの森のHPにYOUTUBEの映像があったので、
よろしければ、ご覧くださいませ。
http://www.ciao3.com/event/crystal_trio_ensemble/index.html

DSC_107401.jpg
ちなみに、グラスハープを奏でるには、製精水が必要との事にて、
「箱根の水が、奇麗な音の秘密」だそうです。
箱根の聖水は怪我を治すだけじゃなく、素敵な音色まで作り上げるんだなぁ。

DSC_000001_85401.jpg
遊歩道沿いに川の方に降りて行くと、
「準備中」の看板が立つ改装中のエリアにたどり着きます。
ガラスのシャワーを浴びる石像の手前にあるのは、
「愛の扉をひらく~誓いの鐘」です。
あまり人のこないスポットですので、
11歳差の某カップルにも、是非お越しいただき、
愛の響きを奏でていただきたい処でございます。

DSCF042901.jpg
園内では、2つの体験工房がありまして、
前からちょっと気にはなってたんですが、
まぁぶっちゃけ、お値段的に二の足を踏んでいた、と。
でもねー、季節限定の絵柄で「あさがお」があるって見たら、
もう絶対に作りたい!!って思っちゃいまして。

イケメンな工房のおにーさんに教えて貰い、黙々と作業。
お子様にも出来るように簡単な絵柄もあるんですが、
実は、用意されてる絵柄のなかで「あじさい」が一番高難度という。
でも、これでビール飲むんだ!!と思ったら、集中力ハンパなかったです(笑)。
HPに「あじさい」のサンプルがなかったので、
もっと簡単なデザインだったらどうしようと心配もしてたんですが、
予想を遥かに超える素敵な絵柄でホントよかったです。

DSC_107701.jpg
で、完成したのが、こちら。
ツイッターにアップして、まさかあんなに反響いただくとは思いませんでした。

その日の夜、早速これでビール飲みました。
あんまりビール得意じゃないんですが、グラスのせいかな。
あっという間に350ml缶飲みほしました。

DSCF043301.jpg
雨が降ったりやんだりの園内をもう少し散策。

当初の予定では、
この後、強羅に戻って大涌谷へ行って、『群青』しようと思ったんですが、
バスがない!!
仙石で乗り換えればよかったと知ったのは、バス停を通り過ぎてから。

DSC_108001.jpg
秋の黄金の景色も綺麗ですが、
多岐としては、今のこの時期をお勧めしたい仙石原。
瑞々しく、緑豊かなススキの群生。
出来れば、降り立って、その中に立って思いっきり深呼吸をしてほしい処です。
車で来ると路肩に停めて窓全開にして、ぼーっと30分くらいいたりします。

DSC_108201.jpg
桃源台から海賊船に乗って、元箱根へ向かいます。
海賊船なんて、小学校5年生の遠足以来ですよ!!。

DSCF043801.jpg
真ん中のぼんやり湖畔に突き出てるのが、九頭龍の森の桟橋。
…うん、気付いた時には、九頭竜神社の湖上鳥居は通り過ぎてたよorz。

そして、駒ケ岳山頂は完全に風魔幻霧に覆い隠されております。

DSCF044201.jpg
湖上に一つだけブイが浮かんでおりまして。
もしかしたら、ここが湖の真ん中なのかなぁ・・・とか。
ここからなら、神社からの湖畔の道路も視認できますし、
直江が高耶さんの心中しようとしたのは、この辺りだと、勝手に認定してみます。

DSCF044801.jpg
元箱根港で下船して、箱根神社へ。
かなり雨が降ってきて、まぁ、そのお陰でもあるんですが、
誰もいません(らっき)。

DSC_108401.jpg
水位が上がってるのでこれ以上近づくのは怖いので、
この辺りで直江気分を味わってみます。

でも、ウィンダム裏参道に停めたんですよね。
なのになんで境内じゃなくて、ここまで歩いてきたんでしょ。
湖が呼んでると思ったのかな。

DSC_108701.jpg
階段降りてすぐ近くまで来るのに、直江が気付かなかったのか、
それとも杉の木の陰に隠れてて、いきなり直江の背後を取ったのか。
氏照兄と小太郎は、一体どこにいたんでしょう。

ちょうどタイミングがよかったらしく、
この後すぐに団体さんが階段降りて来られて、ガヤガヤ賑やかに。

DSC_109001.jpg
高耶さんが火合の法にかけらそうになった矢立ての杉。

DSCF045101.jpg
箱根神社拝殿。

実は、出掛ける直前(つまりは早朝)にアニメ観てまして。
原作では、神社の森が一望できる場所で護界法を行いましたが、
アニメでは、この拝殿前でやってた、ということを今更知ったという・・・。
この石畳のところに、白装束の高耶さんが結跏趺坐されました。

DSCF045601_201407212127191e9.jpg
バス停に戻ってくると、ちょうど運よく箱根新道経由に乗れました。
しかも一番前の席。
これは、自分で運転してたら絶対に撮れないですからね~。
幻霧に包まれた新道を走りぬけます。

時間があれば、小田原城にまで行きたかったんですが、
今から行ってもお城の登城時間に間に合いそうにないので、
本日はこのまま帰る事にいたします。

久しぶりの電車&バスで廻る箱根。
運転してると、どうしてもよそ見できなくて見逃すところや、
湖上なんて車じゃ絶対に見られない視点だったり。
たまには新鮮でいいものだな、と。
ただ、時間が読めないというのがツライところだったりしますけど。

ガラスブラストは、桜モチーフで作るという次の計画が出来ましたし、
また晴れた駒ケ岳から、芦ノ湖も見たいし、
湖畔のベーカリーで足湯もしたいし。
近々だと、花火大会もある(でも仕事で行けない・・・)。

あぁ、九頭竜神社の月例祭もまた参列したいなぁ。
毎月13日にあるんですけど、行けるとしたら、9月の土曜日かな。
ミラ舞台の成功祈願で行こうかなぁ・・・。




COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


08
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

◇366日の花個紋

◇カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )