FC2ブログ


2009年末のご挨拶。

2009.12.31*Thu*
2009年もあと数時間で終わろうとしております。
ご挨拶には、まだ少し早い時分ではありますが、
これから実家へ戻ったり、明日早かったりと、
この後時間がとれそうにないので、この辺りにて失礼致します。

このブログ「天空の石」を始めたのが、9月1日でした。
それから丁度4ヶ月。
多岐の予想以上に多くの方々にご訪問頂きました事、
心より御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

10数年前、阿蘇の山中での高耶さんを最後の記憶とし、
そのまま多岐の中で風化されつつあった「炎の蜃気楼」。
それが、「天地人」のお陰で、また形を取り戻し、
更に、血肉を増し、熱をもって、多岐の中で大きな存在となってきました。

直江からは、唯一人を愛し続ける強さ、対する脆さ、重さ、怖さ、
そして、その絶対の幸福を教えてもらい。
信長からは、自分の存在意義を考える事を突きつけられ、
嶺次郎からは、「生きる」事のありがたさを教えられ、
千秋や綾子、赤鯨衆の皆から、「信じる」喜びを見せてもらい、
現代人の狡さ、弱さ、卑劣さを目の当たりにし。

そして、高耶さん。
それらの感情や思い、全てを受け入れ包み、昇華させてくれたのは、
高耶さんという唯一人の存在でした。

「主人公第一主義」が性分の多岐ですが、
高耶さんほど、その存在を強く感じさせてくれたのは、初めてでした。
心の中どころか内臓まで抉り出して見せてくれるような、
それでいて、触れたら壊れてしまいそうな、姿。
何度、その姿を見て涙を流しただろうか。

もし、あの時もう一度「炎の蜃気楼」を読み直そうと思わなかったら、
絶対に出会うことのなかった想い。
その偶然と奇跡に、我がことながら感謝したいと思います。


さて、ここからは多岐の今年の重大ニュースを発表したいと思います。
長くなりそうなので(…って、ここまででも充分長い)、
一旦切らさせていただきます。
よろしければ、↓Read More からご覧ください。


◇多岐美影 2009年重大ニュース◇

第1位…「炎の蜃気楼」との再会
当然というか、勿論の事ですね、はい。
多岐の今年の行動の大半は、ミラージュによるものと自覚しておりますし。
2位以下も、まず"ミラージュ有りき"的要素満載ですし…。

第2位…素敵サイト様との出会い
これも、今まで多岐ブログをご覧の方には納得いただけるかと思われます。
はい、青海秀嗣様の「ただ、優しき抱擁を」と、汐見香様の「ヴァルハラ」です。

ミラージュと再会し、当然のごとくミラージュサイト様をいくつか拝見させて頂き、
勿論他の皆様のサイトも好きなものが多くありますが、
このお2人のサイトは、多岐にとって特別といっていい存在となっております。
きっと、お2人のサイトを知らなければ、今の多岐はいないと思ってます。

既に水菜先生の中で「ミラージュ」本編が完成してしまっている以上、
新しい高耶さんには出会うことができない。
それは、新参出戻りの多岐にとっては、自業自得ともいえることなのですが、
そんな多岐にとって、お2人の書かれる(描かれる)高耶さんは、
何よりの日々の楽しみであり、幸せでございました。

あ、勿論、水菜先生の書かれる高耶さんが絶対です。
そこは、譲れません。
でも、絶対の存在があるからこそのSPIN OFFだと思いますし。
SPIN OFF作品自身も、独立確固したものだと思っております。

改めまして、汐見様&青海様には心より感謝申し上げます。

第3位…3度のミラージュツアー
多岐、人生初の一人旅をさせていただきました。
新緑薫る5月の日光。
今思うと、まさか「天地人」での家康公があの扱いだと思わなかったのですが、
訪れた当時は、人として神にまでなった天下人への敬意でいっぱいでございました。
…うん、大河終わった今だったらきっと行き先変わってるかも(笑)。

そして、10月、ミラージュ再会して一番行きたかった、越後へ。
これに関しては、多岐、いい歳しながら、両親へ感謝。
本当に2人の旅行に便乗(でも、言いだしっぺは多岐本人)させてもらいましたから。
春日山の三郎景虎屋敷跡で見上げた空の色は、
今でも忘れられない青さとして、多岐の心に描かれています。

最後に12月、伊達藩仙台・松島へ。
まぁ、これはミラツアというか、多岐個人のミーハー旅といっても過言ではないかと。
多岐、自分でもこんなに殿ファンだとは思わなかったし(笑)。

そうそう、先日お披露目させていただきました、マイカーの殿ですが、
昨日も信号待ちしていたら、後ろの車に乗っていた若いお兄ちゃん二人。
此方を指差してニヤニヤしておられました。
気がついてくれて、ありがとう。

ここいらで、もしかしたら疑問に思った方いらっしゃいますでしょうか。
箱根・小田原にも行ったじゃないか、と。
わはは…多岐にとって、北条の地は地元同然なので、
ミラージュツアーとはどうしても言い切れなかったりするんです。
勿論、行けばしっかりミラ気分を味わっては来るのですが、
やはり上記3ヵ所とは意気込みといいますか、思い入れが違うといいますか…。
だって、箱根は行こうと思えばいつでも行ける、行けすぎちゃうんだもん。
…かくいう、明日の朝早いのも初詣@箱根の為だったりするし。

第4位・・・ありがたき派遣契約更新
ここでようやく、多岐個人としての出来事(苦笑)。

当初の契約は今年の3月までだったんですが、
ありがたいことに、その後も引き続き契約更新していただいております。
先日もとんでもないミスを犯し、関係各所へ多大なるご迷惑をおかけしつつ、
また周囲の皆様にフォローいただき、なんとか日々業務をこなしております。

幸いな事に、一昨日の納会にて、
上長様に「来年も宜しく」と言っていただけたので、
まだしばらくはこのまま今の職場にてお世話になることができそうです。

第5位…砦、残すところあと2つ
えっと、何の事かと言いますと、
ここ2、3年ご無沙汰してたのですが、とうとう今年また1人、友人が嫁にいきました。

えーおめでたい事なんです、事なんですが、
まさかアレが嫁に…!?的な友人のうちの1人でしたので、
実は意外とショックが大きかったり。
というか、多岐よりも多岐母のショックが大きかったようです。
「どうすんの、あの子も結婚しちゃったじゃない」と、焦り口調。
そうは言われても、こればかりは多岐1人じゃどうしようもないわけで。
まぁ、多岐のそっち関係のベクトルがまーったく向かないのも問題なんですけど。

とりあえず、あと2人、多岐同様結婚の「け」の字にも興味ないのがいますので、
あの2人がいてくれる間は、大丈夫かな…とか何とか。
うん、きっと向こうも多岐に対して同じこと考えてるから。

以下順不同で挙げようと思ったのですが、
ほとんど思いつかないあたり、多岐の今年の行動範囲が知れるという。

来年は、一体どのような年になるのでしょうか。
まずは、このブログをもう少し全うなモノにできるよう精進してまいります。
コメントをお寄せくださいました皆様をはじめ、
拍手をくださいました皆様、
そして、このブログをご覧くださいました全ての皆様に、
心からの感謝を送らせていただきます。
本当にありがとうございました。
来年2010年は、寅年。
高耶さん景虎様の年です。
皆様にとって、素敵な1年となりますことをお祈りしつつ、
今年最後のご挨拶とさせていただきます。

それでは、皆様よいお年をお迎えください。


多岐美影 拝

COMMENT

あけましておめでとうございます(=^・^=)
私も2009にミラに出戻った口ですので、多岐さんの文章読んでて、いたく共感しちゃいました♪
勢いに任せて私もブログ始めましたが、やはりブログを通して知り合えた方たちとのつながりはとても不思議で、大切な御縁だと思います。
今年もたびたびご訪問させていただきますので、よろしくお願いいたします(^-^)
by たつにゃあ #-
2010/01/01(金) 18:12 [Edit
Re: あけましておめでとうございます(=^・^=)
たつにゃあ様
再びのご訪問、誠にありがとうございます。
同じ2009年ミラ再会組という事で、少しでも共感していただければ、
ここに書き連ねた多岐の言葉も無駄ではなかったと、胸なでおろしております。
ブログやネットという存在がなければ、知り合う事のなかった不思議を、
この数ヶ月本当に強く感じております。
今年も、多岐にできる範囲で精進してまいりますので、
またお暇ができました際にでもお立ち寄りください。
重ねて、この度はコメント頂戴いたしましてありがとうございます。
by 多岐美影 #-
2010/01/01(金) 21:51 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

◇366日の花個紋

◇カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )