FC2ブログ


2009.09.19.箱根朝

2009.09.19*Sat*
今日から5連休。
…ということで、時間はたっぷりあるので、以前からの野望(?)を決行。
えっと、題しまして「直江ルートで箱根路へ!」
いえ単に、『覇者の魔鏡(中編)』にて直江が利用した(であろう)ルートで
箱根神社へ行くだけなんですけどね。
何せ早朝やらなきゃ意味がないので、なかなか実行できずにいたんです。

本当は、2週間前くらいが時期的にはベストだったんですが、
ちょうどその時ってば車検中。
どうもやることが徹底できていないなぁ…自分。



目標到着を、芦ノ湖が「朝日を照り返して光る」時間に設定。
ということで、夜明け前3時に起床。
…って、曇ってるじゃんか。
のっけから出鼻くじかれてますorz。

それでも折角早起きしたんだから、とりあえずは実行開始。

日光から夜通し車を飛ばして…ということは、恐らく都内~神奈川県内は東名ですよね。
んで、小田原箱根方面に行くには、厚木ICにて小田原厚木道路に乗り換えるのが最短。
ということは、私も小田厚からスタートすることに。
二宮から小田原へ向かう途中、ものすごい速度で抜かしてった車があったんですが、
残念なことに白orシルバーのボディ。
いや~でも本当に「ビュン!!」って感じの追い越し方で、
きっと誰かさんもあれくらいスピード出してたんだろうな…。

小田厚とは、箱根口ICにてお別れ。
ここからは国道1号線をひたすら上っていきます。
箱根湯本駅(当時とだいぶ変わったねぇ…)前を走り抜け、
箱根小桶園横のカーブを切り…って、直江ってば一号線で行ったんですよね?。
急いでたんですよね?。
氏照兄の思念波に呼ばれて、箱根神社に赴いたんですよね?。

なんでわざわざ1号線・・・。

時間と距離を考えたら箱根新道もしくは旧道の方が早いと思われるんですが。
通常の1号線、お正月の駅伝でルート的には有名ですが、
実際、箱根の各温泉街を廻る感じになるので、実は遠回りだったりします。
いくらカーナビがない時代だからといって、ルートの存在を知らないわけじゃないよね。
(帰りはしっかり新道で風魔の幻霧や幻術を振り切ってきたんだし)
う~ん、気が動転してたって事にしておこう。

200909190516.jpg
5時をやや廻ったところで、ようやく元箱根へ到着。
参道手前の公共駐車場へ車を止めて神社へ向かいます。
ウィンダムが止まってた参道口…とも思ったんですが、
駐禁指定で、意外と車通りも多く、やっぱり拙かろうと断念。

ってここでまたまた疑問。
この時は、参道口に車止めたんですよね。
んでもって、そのまま氏照兄に連れられて、クルーザーに乗ってたんですよね。
でも、高耶さんを助けた後、箱根脱出する時には、
ウィンダムは壊滅状態の箱根神社の裏参道にあったんですよね。
…一体、いつ移動させたんだ!?。
だれか北条の部下がレッカーされると拙いから、動かしてくれてたのかな。
だったら、普通に公共駐車場に入れてくれてもいいと思うんだけど。
な~んて、してはいけないツッコミをしてみる。

霧はかかっていないけれど、今朝はあいにくの曇り空。
「朝日を照り返し光る美しい」芦ノ湖は望めそうもありません。

200909190522.jpg
参道から道路を渡り、平和鳥居へ。
波もなくおだやかな湖面。
空と山と湖と、すべてが蒼に包まれる中、いっそう映える鳥居の朱。

そこから振り返り
200909190534.jpg
この石段を氏照兄が降りてこられたんですね。
直江の値踏みしながら。
この位置からだと、神社を振り仰ぐようなアングルになるんだけれど、
薄明かりの元でだと、なんだか圧倒されます。
森全体が迫ってくるような覆いかぶさってくるような。

このまま二人はクルーザーで対岸の北条屋敷へ行ったわけですが、
さすがにそこまで追いかける事ができず。
一言で「対岸」と言っても、一体どの辺りだったんだろう。
…と平和鳥居からじっと目を凝らして見ると
200909190531.jpg
…携帯カメラ機能の限界です。
見えますでしょうか。
ど真ん中、ちょうど半島(?)の先端のその向こう。
小さいながらも建物の明かりがちらほら。
箱根神社が見える角度で船でないと行かれそうもない位置。
ということで、勝手にあの辺りだと決定!。

200909190548.jpg
自分的に満足したところで、ようやく境内に戻り、参拝へ。
えー、まだこの時点で6時前です。
早朝です。
…御本殿前の御門、開いてませんでした。
それでもここからお参りをさせていただきました。

すっかり日が昇り、周りも明るくなり。
…って、本当はもうひとつ野望というか目論見があったんですが、
現地に来て、それが無理なことが判明。
すなわち「箱根で朝日を望む」。
朝焼けの雲の隙間から見える朝日なんて最高だろうなぁ、などと思っていたんですが、
芦ノ湖は、山に囲まれてるんです。
しかも超近距離で。
そんな山の向こうにお天道様がお顔を出すころには、
すでに十分辺りが明るくなっているんですよ。
あぅ…。

軽く打ちのめされた気分になりながら、
それでも朝の冷たいくらいの心地よい空気に触れながら、
帰りの途に着きます。
はい、もちろん今度は箱根新道経由です。
山を降る私の車を先行する車も追いついてくる車もなく、見事な一人旅。
でも対向車線はひっきりなにし車が上ってきます。
やっぱり連休初日ですからね、皆さんこれからお出かけなんでしょう。
って、すでに一旅(?)終えて帰ろうとしてる私って。

このまま小田厚乗って、日光へ一直線!。
ってなわけには参りませんので、おとなしく帰宅。
7時過ぎには家で朝飯食べてます(笑)。

なんと言いますか、
野望の半分も達成できなかった気がするんですが、
とりあえずは満足…しようと自分に言い聞かせてみる。
だってそうしないと、際限ないんだもん。
でも、いつかきっと。

あ。
朝日、もしかしたら駒ケ岳からなら見られますか?
ただ問題は、唯一の交通手段であるロープウェイが9時からしか運行されてないんだよなぁ。
たぶん正月元旦の初日だけが例外かと。
行きたいけど、さすがに元旦の一人旅はなぁ…。
誰か付き合ってくれないかなぁ…。

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by #
2010/06/23(水) 01:48 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


08
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

◇366日の花個紋

◇カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

◇最新記事

◇カテゴリ

◇最新コメント

◇Twitter

◇月別アーカイブ

◇素材サイト

◇プロフィール

多岐美影

Author:多岐美影
何とか自分の手が届く範囲にてミラージュの世界を満喫したいと画策中。

生息地:江の島と箱根の間(小田原寄り)
性格:典型的な「O型乙女座」人間とよく言われる
ミラ歴:'94春~'96冬=ミラ第2部だけはリアルタイムその後13年のブランクを経て、2009年春再燃
前科:某ボーカリストの追っかけもどき約20年

ブログサイト:「天空の石」
http://sapphirexx.blog91.fc2.com/

◇メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◇FC2カウンター

Copyright © 天空の石 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ(ブログ限定配布版 / 素材: 青柘榴 )